プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Shanghai Electric

Shanghai Electricがメトロ列車のターンバック時間新記録を達成と発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111012680-O1-Qf075Zuz

AsiaNet 92710(2681)

【上海2021年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*THALES SEC TransportのTSTCBTC(R)2.0信号システムを使用して達成

Shanghai Electric (「同社」)(SEHK: 02727, SSE: 601727)は、同社とThales(タレス)の合弁事業であるTHALES SEC Transport (TST)が実施したライブデモで、メトロ(地下鉄)列車ターンバック(折り返し)時間の記録がTSTCBTC(R)2.0 信号システムによって破られたと発表した。検証済み試験における新記録は86秒で、上海メトロ5号線で運行する列車の平均ターンバック時間より26秒短縮された。

TSTのLiu Huiming最高技術責任者(CTO)は「26は単純な数字のように見えるが、都市鉄道輸送における大きな技術革新を示している。ターンバック時間が短いほど、列車サービスの運行頻度が高くなり、運行間隔が短くなり、安定性と安全性が向上し、メトロシステム全体のエネルギー効率が向上する。これは、増え続ける乗客数に加速された都市鉄道システムの運行能力を高める必要性を満たすだけでなく、CBTC信号システムにおけるTSTのイノベーションのマイルストーンを画すものだ」と述べた。

TSTが開発したTSTCBTC(R)2.0は、中国の市場とユーザーのニーズに合わせたソリューションであり、高い運用効率と低コストの、中断・混乱のないモバイルブロッキングシステムである。このシステムはメトロ列車の出発密度を大幅に高め、最高速度での運行を支援することができ、メトロラインの効率を最大レベルに引き上げることになる。

TSTCBTC(R)2.0は、中国でこれまでに展開された完全な冗長性を備えたデュアルCBTC(Communication Based Train Control、通信ベースの列車制御)アーキテクチャを備えた最初の信号システムとして、真の移動ブロック、双方向のATP / ATOおよび柔軟な運用サポートを提供する機能を含むSelTrac(TM)CBTC信号システムの主要な利点を継承している。他方、独自のデュアルCBTCアーキテクチャの高可用性と信頼性により、ライフサイクルコストが大幅に削減され、メンテナンスが容易になる。

最高の安全基準を適用することに加えて、TSTCBTC(R)2.0は、従来のバックアップシステムの必要性を排除し、それゆえ異なるシステム間の切り替えによってもたらされる潜在的な安全リスクを排除する。Bureau Veritas(ビューローベリタス)、TUV SUD(テュフズード)、中国鉄道建設公社(CRCC、中国鉄建)によって認定されたこのシステムは、China Urban Rail Certification(中国都市鉄道認定)も取得しており、中国で最初の認定CBTC製品となっている。

TSTCBTC(R)2.0の高い安定性と効率性は、上海メトロ5号線の運用でテストされ、実証されている。2018年にメトロラインの新しい信号システムとして運用開始されて以来、上海メトロ5号線の列車が運行中断なしのGrade-of-Automation 3 (GoA3、自動化3グレード)を達成するのを支援してきた。

Liu Huiming氏は今回のデモンストレーションで、この新しい記録は、CBTC信号システムと「リソース中心の」RETテクノロジーが輸送能力のアップグレードと変革に関し、2つの重要なブレークスルーポイントになったことを意味していると述べた。

都市鉄道輸送の開発における画期的な成果に基づいて、Shanghai Electricは、スマートトレインのアプリケーションおよび、都市鉄道輸送の安全性と効率性を高める努力の一環として、次世代の「リソース中心の」信号システムを探求するために、大胆な活動を継続する意向だ。Shanghai Electricは、中国の都市鉄道CBTC信号システムのパイオニアになることにコミットし、都市のモビリティを向上させるために世界をリードするソリューションを提供していく。

▽Shanghai Electricについて
Shanghai Electric Group Company Limited(SEHK:2727、SSE:601727)は、主に電力機器および産業機器の設計、製造、販売を行っている。当社は、風力タービンとコンポーネント、原子力機器の製造と販売を含む新エネルギー事業;火力発電設備、送電・配電設備の製造・販売を含むクリーンエネルギー事業;エレベーターおよび電気モーターの製造および販売を含む産業機器;発電所の建設、送電・配電プロジェクト、その他の事業の請負を含む現代的サービス産業に、それぞれ焦点を当てている。

ソース: Shanghai Electric

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405883

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ