プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通グループ

電通グループの海外事業のGlobal Chief Creative Officerにフレッド・レブロンが就任

2021年11月1日
株式会社 電通グループ
代表取締役社長執行役員 山本 敏博
(東証第1部 証券コード:4324)

電通グループの海外事業のGlobal Chief Creative Officerに カンヌライオンズで13のグランプリを獲得したフレッド・レブロンが就任

株式会社電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)は、当社連結子会社で海外事業を統括する電通インターナショナル社(Dentsu International Limited)のGlobal Chief Creative Officer(グローバル・チーフ・クリエイティブ・オフィサー、以下Global CCO)に、本日付けでFred Levron(フレッド・レブロン)が就任したことをお知らせします。

フレッドは、本日から電通インターナショナルにおいて、クリエイティブの分野を包括的に統括するとともに、電通インターナショナル傘下で世界トップ100の広告主の95社を顧客に持つ、世界のグループ内クリエイティブエージェンシーを統率します。具体的には、電通インターナショナルが世界で最も統合された広告エージェンシーとなるために、海外事業の全てのクリエイティブ・制作物や、電通インターナショナルの3つのサービスライン(クリエイティブ、メディア、CXM(顧客体験マネジメント))を跨ぐクリエイティビティの強化を主導します。

フレッドは20年以上のキャリアにおいて、世界最大のクリエイティブの祭典である「カンヌライオンズ※1」では13のグランプリと46のゴールドを含む200近くの賞を獲得し、「D&AD賞※2」においては3つのブラックペンシルズを獲得するなど、累計2,000以上の世界的な賞を受賞し、世界の広告業界のクリエイティブを牽引してきました。直近では、Drum誌が選ぶ2020年のGlobal Chief Creative Officerランキングと、世界的なクリエイティブアワードを主催するThe One Clubの2020年・2021年Global Chief Creative Officerランキングにおいて1位を受賞しています。

 
電通グループは、フレッドの参画により、海外事業におけるクリエイティビティの強みをさらに洗練させ、全世界で提供する「Integrated Growth Solutions(インテグレーテッド・グロース・ソリューション)」の価値および競争力の一層の向上を実現していきます。

 
※1:カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)は、規模の大きさ、審査員構成、入賞作品のレベルの高さなどから、数ある国際広告賞の中でも特に高い評価を得ている。

※2:D&AD賞は、英国に本部を置く非営利団体「D&AD(British Design & Art Direction)」が1962年に創設。その審査基準の高さから、”世界で最も受賞が困難なデザイン・広告賞”と評されている。

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ