プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEのChen Zhiping副社長:カーボンニュートラルに向けたデジタルロード

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111012612-O1-7Vxj8tTV

AsiaNet 92678 (2662)

【深セン(中国)2021年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向け通信、エンタープライズ、消費者技術ソリューションの国際的大手プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は28日、ZTEのChen Zhiping副社長兼ブランディング部門ゼネラルマネージャーが「A Digital Road to Carbon Neutrality(カーボンニュートラルに向けたデジタルロード)」と題する基調講演を行い、ZTEのデジタルテクノロジーイノベーションを通じて、さまざまな産業の企業がエネルギーを節約し、排出量を削減し、その結果、社会目標のカーボンニュートラルの実現を促進するためにZTEがどのように支援しているかを紹介した。

Chen副社長は「産業全体におけるエネルギー節約、排出量削減の目標と課題に対処するため、われわれはデジタル化が伝統的産業を支援すると確信している」と語った。

デジタルエコノミーの推進役として、ZTEはテクノロジーイノベーションを活用して、デジタルエコノミーのグリーンなブルバードを建設し、グリーンなオペレーション、グリーンなサプライチェーン、グリーンなICTインフラストラクチャー、グリーンな産業を通じて2元的なカーボン目標の達成を促進している。

以下はChen副社長のスピーチ要約である。

COVID-19の世界的な流行は別として、2020年、気温が少し異常だったと感じなかったか。2020年6月、北極圏のシベリアの町で、38度という高温に達した。これは北極圏で記録した最高気温である。世界の気温上昇が1.5度以内にコントロールされれば、気候によって生じる多くの損失と危険は回避される。

現在、カーボンニュートラルは世界の総意になった。

2021年6月までに、137カ国はカーボンニュートラル目標を提案し、1200以上の企業がSBTiへの参加を約束した。世界のICT巨大企業が先導して戦略的なゼロカーボン目標を設定した。中国はカーボン排出コミットメントとターゲットを発表した。

▽デジタルテクノロジーはカーボンニュートラル目標達成で主要な役割を果たす
世界のカーボンニュートラル目標の達成を目指すと、伝統的産業は消費量の削減という大きな課題に直面する。ICT産業は世界の年間総カーボン排出量の2%を占めている。デジタルインフラストラクチャー展開の拡大によって、ICT排出量削減も大きな課題に直面する。ITU(国際電気通信連合)は、ICT産業が2030年までに45%の排出量を削減すると発表した。

デジタルトランスフォーメーションの加速によって、5G、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能に代表されるテクノロジーは継続的に向上し、デジタルテクノロジーはあらゆる人々によってさらに広範に利用されている。

われわれは、効率的なデータコネクション、ストレージ、予測、アプリケーションを通じて、資源配分、生産、生活の効率性を向上させることができる。多くの研究データによると、デジタルテクノロジーはその他の産業がICT産業独自のカーボン排出量と比較して10倍以上もカーボン排出量を削減することを支援できる。デジタルテクノロジーがカーボンニュートラル目標の達成で主要な役割を果たすことがわかる。

▽例として、ZTEはデジタルトランスフォーメーションにおけるグリーン開発の道を選択する
グリーン開発の積極的な実践者であるZTEは、オフィスおよび製造業務における環境保護管理を促進し、天然資源の消費量を削減している。

同社はさまざまな措置を講じて、製造工程の継続的な変革を通じてグリーン製造の追求、資源およびエネルギー節約など、企業のカーボン排出量を削減してきた。

製造工程最適化(高温度エージング)を通じて、電力の節約は年間、3000万kWhを超えている。われわれは全体の製造ライフサイクルのカーボンフットプリント追跡管理に着手してきた。われわれはスマート空調、スマート照明を促進し、電気消費量を削減する一方、社員の快適な労働環境を確保してきた。グリーンな太陽光発電を通じて、年間の発電は300万kWhを超えた。さらに、同社は世界160以上の環境サービスプロバイダーと協力して、世界のグリーンサイクルネットワークを構築している。

当社のカーボン目標は、アップストリーム製品およびサービスの脱炭素プロセスに依存している。われわれはアップストリームおよびダウンストリームのパートナーと協力し、材料選択、材料リサイクリング、物流でエネルギー節約と排出量削減の達成を一緒に取り組んでいる。

現在、40以上の有力サプライヤーがカーボン削減戦略計画を策定した。大多数のサプライヤーは今後5年から10年で目標のコミットメントを果たすパートナーになる予定。調達管理はさまざまな方法でサプライヤーのカーボン排出量を積極的に促進している。これは、当社のサプライヤーチェーンの低カーボンと持続可能な開発競争力を継続的に向上させる。

▽グリーンなデジタルインフラストラクチャーはオペレーターが低カーボンネットワークを構築することに役立つ
デジタルインフラストラクチャーにとって、無線基地局とデータセンターはエネルギー消費の最大部分を占める。カーボン排出量は、グリーンな電力の導入、グリーンな基地局の構築、グリーンなデータセンターによって削減可能である。

特に、通信ネットワークのエネルギーインフラストラクチャーの構築プロセスにおいて、ZTEは「グリーン、効率的、信頼性」のコンセプトを掲げて、新しい「ゼロカーボン」エネルギーネットワークを提唱し、グリーンなエネルギーアプリケーションの比率を拡大してきた。

通信トラフィックと大規模な5G展開が毎年増加することにより、ネットワーク全体に占める基地局のエネルギー消費の割合が45%を超えており、これが排出量削減にとってカギとなっている。

有力ICT装置サプライヤーであるZTE Corporationは、低カーボンと環境保護のコンセプトを基地局製品の設計と、ソリューションの実装に取り入れ、グリーンな基地局建設のバリューを生み出してきた。

さまざまなデータサービスおよびクラウドサービスの開発によって、データセンターもIT装置、冷却装置、パワーサプライ・配信システム、照明装置を含め、エネルギー消費の巨人であり、IT装置と冷却装置だけでもエネルギー消費の80%を占める。ZTEのZEGOソリューションを装備することによって、データセンターは装置エネルギー消費の問題を解消できる。

現在、ZTEがデジタル化の実践を通じて提案したUniSite、PowerPilot、iEnergyのソリューションは、世界のオペレーターのネットワークに幅広く使用され、エネルギー節約と電力消費の削減を達成することを支援してきた。

スペインで、ZTEは、現在の産業では最もシンプルな基地局ソリューションであるUniSite+ソリューションを展開した。これは従来のソリューションと比較して、無線ユニットを60%削減し、電力消費を30%節約する。マレーシアでは、PowerPilot AIエネルギー節約ソリューションの稼働が成功し、年間700万kWhの電力を節約した。クライアントと提携して、ZTEはアジア最大のマイクロモジュールのインテリジェントなデータセンターを深セン市坪山区に構築し、年間6000万kWh以上の電力を節約した。

▽顧客とパートナーが協力し多数の業界のエネルギー節約と排出量削減を支援
過去2年間、ZTEはオペレーターと業界トップ企業と協力して、さまざまな業界でグリーンかつ省エネのアプリケーションシナリオを追求し、大規模に複製可能な革新的なアプリケーションを引き出してきた。

*グリーンエネルギーを導入するため、China Southern Power Gridは中国移動通信とZTEと協力して、中国広州市南沙区の5Gスマートグリッド向けに最大の実証地区を建設した。サービスは電力網全体の新規エネルギーの影響を大幅に軽減している。再生可能エネルギー送電の信頼性は将来4倍に増える。

*エネルギー集中型の製錬業で、ZTEとAluminum Corporation of Chinaは5Gアプリケーションの研究に成功し、年間9000万kWh以上の電力を節約した。

*輸送業界向けに、ZTEとGuangzhou Mobileは、スマートハイスピード鉄道、5Gバス優先車線、5Gインテリジェントネットワークリンケージ、5G交通政策監視を含む、世界初の5Gスマートトランスポテーション実証都市を開始した。全体の発送効率は10%増加した。

さらに、製造業ではZTEは、南京市浜江区に「5G駆動のインテリジェント製造」の実証工場となる世界的な5Gスマートファクトリーを建設した。これは、エネルギー消費を40%削減し、高度な製造に向けたエネルギー節約と排出量削減の実証例を生み出した。

現在、ZTEとパートナーは5G+の革新的なグリーン実践を幅広く展開することを継続し、60以上の実証プロジェクトを世界で実施している。

ZTEはカーボンニュートラル戦略を積極的に履行し、企業製造および業務におけるエネルギー節約と排出量削減を促進、オペレーターがエンドツーエンドのグリーンなカーボンネットワーク構築を支援するとともに、バーティカル産業がエネルギー節約と排出量削減を達成することを支援している。現在までに、ZTEは500以上のグリーンな5Gイノベーション特許を展開し、効率性を向上させ、技術イノベーションによって消費を削減し、グリーンなネットワークを建設してきた。

ZTEは今後も、新しいエネルギー、新しい材料、新しいコンポーネントを研究し、主要技術におけるブレークスルーを達成して、グリーンなICTインフラストラクチャーに向けた強固な技術基盤を築くとともに、従来の高エネルギー産業向けのデジタルテクノロジーの底深さと幅広さを強化していく。さらに、ZTEはさまざまな産業の効率性の向上、エネルギー節約、消費削減に貢献し、社会全体のカーボンニュートラル目標達成を支援する。

カーボンニュートラル目標を達成するには、長期のプロセスと、すべての産業セクターの合同取り組みが必要である。ZTEは世界のパートナーと協力し、前途有望な未来に向け、ICTテクノロジーイノベーションを伴うグリーンなデジタルブルバードの建設にコミットしてきた。

▽報道関係問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405708
(ZTEのChen Zhiping副社長:カーボンニュートラルに向けたデジタルロード)

ZTEのChen Zhiping副社長:カーボンニュートラルに向けたデジタルロード
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ