プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

環境省

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)ジャパン・パビリオンを開催

COP26 ジャパン・パビリオンを英国・グラスゴー及びオンラインで同時開催

令和3年10月31日(日)

環境省は日本の環境技術力を国内外に発信するため、令和3 年10 月31 日(日)~11 月12 日(金)に英国・グラスゴーでの開催が予定されている、国連気候変動枠組条約第26 回締約国会議(COP26)において、展示やサイドイベントを実施する「ジャパン・パビリオン」を開催します。あわせてオンライン上でもプレゼンテーション・ネットワーキングを主目的とし、企業や参加者間における情報交換や交流ができる「ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」を同期間に開催します。
                    
1.開催目的
 日本国政府は2020年10月に2050年カーボンニュートラルを宣言し、また今年4月には、2030年度の温室効果ガス排出削減目標について、2013年度から46%削減することとし、さらに50%の高みに向けて、挑戦を続けていくことを表明しました。今後、国内外において、脱炭素技術の実装を本格的に進めていく必要があります。
 本パビリオンは、我が国が脱炭素社会の実現に向けて、官民合わせて一丸となって取り組み、世界の脱炭素化にも貢献していくという力強いメッセージを、世界に向けて発信していくことを目的にしております。

2.COP26ジャパン・パビリオン(英国・グラスゴーでの実地開催)概要
催事名称: COP26ジャパン・パビリオン
実施内容:日本の気候変動対策の長期目標である「2050年カーボンニュートラル」の実現と世界の脱炭素化を支える、脱炭素技術や取組の紹介及び
脱炭素社会の実現に向けた取組や適応策の推進に関するセミナーの実施。
実施期間:令和3年10月31日(日)~同年11月12日(金)
配  信:ジャパン・パビリオンで実施するセミナーは環境省公式YouTubeチャンネルにて配信をおこないます。
環境省YouTubeチャンネル
https://youtube.com/channel/UCgi2ONIz1XMpxT9tdMGKcnw
展示企業: 国内約12社/団体予定
※令和3年7月20日に公募を行い、その結果応募のあったものが対象となっています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110252253-O1-Dntu0ha8

3.COP26ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン(オンライン開催)概要
※日時はいずれも日本時間
催事名称:COP26ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン
実施内容:COP26 ヴァーチャル・ジャパン・パビリオンは、英国・グラスゴーでの実地開催と同時にオンライン上で開催をおこないます。日本の脱炭素化に向けた取組をリードする企業/団体の脱炭素技術のオンラインでの紹介と交流を目的としています。
実施期間:令和3年10月31日(日)17時~同年11月12日(金)23時59分
 ①企業/団体プレゼンテーション
  令和3年11月1日(月)17:00~21:00
  令和3年11月12日(金)17:00~21:00
 ②企業/団体の説明員の方がヴァーチャル・ジャパン・パビリオン内に立ち、来場者からの質問に答えるなど、企業や参加者間における情報交換や交流ができる時間を設けています。
  DAY1:令和3年11月2日(火)17:00~21:00
  DAY2:令和3年11月4日(木)17:00~21:00
  DAY3:令和3年11月5日(金)17:00~21:00
  DAY4:令和3年11月9日(火)17:00~21:00
  DAY5:令和3年11月10日(水)17:00~21:00
  DAY6:令和3年11月11日(木)17:00~21:00
詳細は公式HPをご覧ください。
http://copjapan.env.go.jp/cop/cop26/index.html
参加方法:https://spatialweb.net/@cop26-japan-pavilion
詳細は公式HPをご覧ください。
http://copjapan.env.go.jp/cop/cop26/index.html
協力企業: 国内33社/団体予定
※令和3年7月20日に公募を行い、その結果応募のあったものが対象となっています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110252253-O5-R19fnf8R

VP空間
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ