プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

S2C

S2CがVU19P FPGAベースのLogic Matrix LX2を販売開始 – 高性能かつ高密度プロトタイピングの新たな標準

AsiaNet 92684

S2CがVU19P FPGAベースのLogic Matrix LX2を販売開始
– 高性能かつ高密度プロトタイピングの新たな標準

【東京2021年10月28日PR Newswire】

ハイライト
・ 8個のVU19P FPGAにより、1システムあたり392M ASICゲートを、さらにサーバーラックにフル実装することで30億ASICゲートを超える規模を実現

・ MCIOを使用した強化されたTransLinkにより、最大28Gbpsの広帯域のGTY接続を実現し、スケーラブルなFPGAインターリンクと柔軟なトポロジを実現

・ HSTPM(High-Speed Transceiver Pin Multiplexing)IPのサポートにより、GTYトランシーバ上でのピン多重化が容易になり、FPGAインターリンクを最大限に活用可能

・ リダンダントな電源供給と最適化された冷却装置によりエンタープライズクラスの高信頼性を実現

FPGAベースのプロトタイピング・ソリューションの世界的リーダーであるS2Cは、本日、大容量と高性能の両方が求められるエンタープライズ・プロトタイピングのニーズを満たすよう設計された、Logic Matrix LX2のリリースを発表しました。

LX2は、Xilinxの最大かつ最速のUltraScale+ FPGAであるVirtex UltraScale+ VU19Pをベースに開発されており、数十億ASICゲートもの大規模設計におけるハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントの検証に最適です。LX2は、1つの筐体に最大8個のFPGAを搭載しており、スタンドアロンで使用することも、標準的なサーバーラックに最大8台のLX2を配置して合計64個のFPGAを搭載することもできます。さらに、LX2を複数のラックに接続することで、複雑なSoCやソフトウェア開発で求められるスピードの優位性を保ちながら、従来のプロトタイピング・システムの容量を超えるプラットフォームを構築することができます。

Logic Matrixは、高性能なプロトタイピングに対応するために、柔軟な接続アーキテクチャを構成する3つの階層要素を提供しています。それは隣接するFPGA間の相互接続モジュールを備えたShortBridge、広帯域ケーブルでFPGAを接続するSysLink、そしてMCIOケーブルでFPGAのSerDes間を長距離接続するTransLinkの3つです。LX2はTransLinkをさらに進化させ、より広帯域で高速なSerDes接続を実現しています。LX2に搭載されたVU19Pの各FPGAでは、20個のMCIOコネクター上に80個のGTY SerDesが用意されており、スケーラブルなインターリンクに対応しています。それだけでなく、MCIOコネクタは最大28GbpsのGTYに対応しており、レイテンシを引き下げることでシステムのパフォーマンスを向上させます。さらに、FPGA間のリンクを簡素化し、TransLinkの最大の価値を引き出すために、S2Cのパーティショニング・ツールであるPlayer Pro CompileTimeにおいて、Xilinxが新たに導入したHSTPM(High-Speed Transceiver Pin Multiplexing)IPのサポートをしています。FPGA間のサイクル精度の信号転送、ピン多重化、低レイテンシのSerDes接続が簡単に実現できるようになりました。

「Xilinxは、エミュレーションおよびプロトタイピング市場のニーズに応えるために、シリコンだけでなく、ツールやIPの革新を続けています」と、Xilinxのテスト・計測・エミュレーションマーケット担当シニアディレクターを務める、Chris Stinson氏は述べています。「Xilinx UltraScale+ VU19Pが、S2Cの最新Logic Matrix LX2に採用されたことを嬉しく思います。LX2の8個のVU19Pを搭載する高密度アーキテクチャとSerDesリッチな実装は、HSTPM IPと共に実装することで、LX2を高性能で拡張性の高いプロトタイピング・プラットフォームにしています。」

LX2では、高い信頼性と堅牢な動作を確保するために、リアルタイムのシステムモニタ、効率の良い冷却、ホットプラグ対応のリダンダント電源など、エンタープライズクラスの要件が考慮されています。Logic Matrixには、S2CのPlayer Pro RunTimeソフトウェアも付属しています。このソフトウェアは、高度なクロック管理、統合型セルフテスト、自動ボード検出、I/O電圧プログラミング、複数FPGAダウンロード、リモートシステム監視・管理といった便利な機能を提供する統合ツールです。また、AXEVisionも含まれています。AXI-over-Ethernetのデバッグ・ツールが内蔵されており、AXIを含むデザインのリモートでのデバッグを簡素化します。そしてS2CのMDM ProとPlayer Pro DebugTimeは、最大8つのFPGAに対して、ディープ・トレースやクロストリガの機能を提供し、先進のデバッグ手法を実現しています。

「今日のハイパースケールのデザインは、数十億ものASICゲート数に達しています」と、S2CのCEOである中間俊雄は述べています。「このような複雑な設計には、高い性能、拡張性、堅牢性を備えたFPGAプロトタイピング・プラットフォームが必須です。LX2は、Xilinxの最大級のFPGAと、インターコネクトの最適化のために設計されたアーキテクチャを組み合わせたものです。エンタープライズクラスの設計ツールや生産性ツールと組み合わせることで、パフォーマンスとスケーラビリティを両立させ、検証サイクルを短縮することができます。LX2に妥協はありません。」

供給時期
Logic Matrix LX2は発売を開始しました。詳細については、S2C販売代理店にお問い合わせいただくか、www.s2ceda.comをチェックしてください。

S2Cについて
S2Cは、今日の革新的なSoC/ASIC設計に求められるFPGAプロトタイピング・ソリューションのグローバルリーダーです。S2Cは2003年に設立以来、多くのラピッドSoCプロトタイピング・ソリューションの提供に成功しており、500社以上の顧客に3000台以上のシステムの導入実績を有しています。当社の優秀なエンジニア・チームと顧客重視を主義とする営業チームは、ユーザのSoC開発におけるニーズを十分に把握しており、継続的に対応しています。S2Cは米国、欧州、イスラエル、中国、韓国、日本、台湾に販売拠点と販売代理店を設けています。

S2C、S2Cロゴ、Prodigy、Logic Matrixは、S2Cの商標または登録商標です。XilinxおよびVirtex Ultrascale+の著作権は、Xilinx Inc.に属します。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ