プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Contemporary Amperex Technology Co., Ltd. (CATL)

CATLとヒュンダイモービスがCTP技術のライセンス供与および提携合意に調印

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110282471-O1-Jwfeo5je

AsiaNet 92625 (2635)

【寧徳(中国)2021年10月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*CATLは今回の合意を通じて同社のCTP(cell to pack)技術をMOBISと共有する

*合意には、韓国および世界市場でのCTP関連製品の供給も含まれる

*技術提携は、双方が国際市場で競争力を高めることに役立つ

Contemporary Amperex Technology Co., Ltd. (CATL)とヒュンダイモービス(Hyundai Mobis Co., Ltd.)(MOBIS)は、技術ライセンス供与および提携合意に調印した。合意によると、CATLは同社のCTP(cell to pack)技術をMOBISに紹介、開示するとともに、韓国だけでなく世界においてCTP関連製品の供給でMOBISをサポートする。

高効率のインテグレーションを特徴とするCTPは、モジュールを使わず電池セルを直接パック化する技術である。CATLのCTP技術を利用することによって、バッテリーパックの設計はシステムエネルギー密度を向上させるとともに、製造を簡略化してコスト削減をもたらす。

今回の技術提携は、それぞれの国際市場競争力を強化するうえで双方を後押しする。CATLとMOBISは協力して、世界の電気自動車(EV)市場向けに、より有益な製品を開発する。提携によって、業界における新しい国際的な技術協力の形態が生まれ、CATLが世界中での電動化の達成を目指して、同社の革新的なバッテリー技術のアプリケーションを世界で拡大することが可能になる。

ソース:Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405447
(画像説明:CATLとヒュンダイモービスがCTP技術のライセンス供与および提携合意に調印)

CATLとヒュンダイモービスがCTP技術のライセンス供与および提携合意に調印
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ