プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

成都ハイテク産業開発区(Chengdu Hi-tech Zone)

世界7つのコンペティション地域で2000件を超すプロジェクト

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262274-O1-9inlChKM

AsiaNet 92555 (2590)

【成都(中国)2021年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*成都で開催された2021年Golden Panda Innovation and Entrepreneurship Global Competitionの決勝戦が成都で開催

10月21日、2021年Golden Panda Innovation and Entrepreneurship Global Competitionの決勝戦が成都ハイテク産業開発区(Chengdu Hi-tech Zone)で開催された。コンペティションは成都市人民政府が主催し、成都ハイテク産業開発区が組織する。

2021年Chengdu Global Innovation and Entrepreneurship Fair(成都グローバル・イノベーションと起業家精神フェア)の一連のイベントの1つである、今年のGolden Panda Innovation and Entrepreneurship Global Competitionは、テーマである「ハイテク産業・イノベーションドライブ」に焦点を当てている。このコンペティションは、産業を向上させるだけでなく、コアテクノロジーにも取り組むことができる優れたチームや企業のグループを全世界から引き付ける。また、優れたチームや革新的な科学技術企業がハイテク区に定着するよう支援する。

シリコンバレー、パリ、ソウル、北京、深セン、武漢、成都に7つのコンペティションエリアが設置され、2000件を超すプロジェクトがこのコンペに登録し、史上最高を記録した。

コンペには4つのフェーズがある。それらは、プロジェクト登録、予備コンテストとオンラインコンテスト、プロジェクトの再評価、および決勝戦である。ファイナリストとして選ばれた46のプロジェクトは、TMT、BTバイオテクノロジー、Xフューチャーテクノロジーの3分野からのものである。

中国西部初の独立した国家イノベーション実証区である成都ハイテク産業開発区は、世界クラスの地元大手企業の育成に注力している。イノベーション主導で高品質の開発を促進し、革新的企業のクラスターを育成するために、人材開発、知的財産権、起業家のインキュベーションなど、多くの点で政策を導入した。

これまでのところ、成都ハイテク開発区は、さまざまなタイプの計70万人を超す人材、45の国家級イノベーションプラットフォーム、17の国家級インキュベーター、2万3919件の有効な発明特許(1万757件の高価値発明特許)を保有し、上場企業51社を擁している。

ソース:Chengdu Hi-tech Zone

▽画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405118
(画像説明:世界7つのコンペティション地域の2000件を超すプロジェクト-2021 Golden Panda Innovation and Entrepreneurship Global Competitionの決勝戦が成都で開催)

2021 Golden Panda Innovation and Entrepreneurship Global Competitionの決勝戦が成都で開催
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ