プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ministry of Communication and Informatics of Republic of Indonesia

インドネシア、東南アジアでスタートアップの素晴らしい次期拠点になる準備が整う

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262262-O1-LJ9QOrL6

AsiaNet 92541(2574)

【ジャカルタ2021年10月23日PR Newswire=共同通信JBN】パンデミックは世界の主要産業のほとんどに被害をもたらしたが、スタートアップのエコシステムは困難な時期においてもなお隆盛である。インドネシアでは、政府ならびに通信・情報省の支援がスタートアップの成長を促進し、より多くの教育プラットフォームや研究が全国にわたってデジタル金融知識の拡大を加速している。

調査(https://www.dealstreetasia.com/stories/indonesia-fundraising-213826/ )によると、インドネシアは2020年に東南アジアで行われた資金調達で最大となる、27億米ドルもの額を受け取った。The Indonesian Venture Capital and Startup Association(Amvesindo、インドネシア・ベンチャーキャピタル&スタートアップ協会)のデータ(https://www.angin.id/2021/07/22/new-fund-structure-in-the-field )も、2020年9月時点で少なくとも52社のスタートアップが19億米ドルを調達したことを示している。

こうした金額は、インドネシアが地域の中で最も有望な投資先国の1つであることを示唆している。決済ソリューション企業Wallexの共同創立者であるHiro Kiga氏は、このトレンドはフィンテックとオフライン経済のデジタル化にあるようだと予測する。同氏は「いまや、オフラインユーザーの次のセグメントがデジタル化するときである。また、物流やラストマイル配送などの中小零細企業(MSME)に関係するものは、全てが注目すべき興味深い分野だ」と述べた。

スタートアップの展開を支援

スタートアップの大多数はジャカルタを拠点にしているが、インドネシアの他の場所にもこのトレンドが広がりつつある。

インドネシアICT ApplicationsのディレクターゼネラルであるSemuel Abrijani Pangerapan氏は「われわれはスタートアップの文化を完全にサポートし、ジャカルタ以外のさらに多くの州にもスタートアップの展開が広がるように、プログラムや活動の開発を今後も継続する」と述べた。

スタートアップ文化への支援は、Gerakan National 1000 Startup Digital(デジタルスタートアップ1000社への国家イニシアチブ)やStartup Studio Indonesiaといった、スタートアップに焦点を合わせた一連のプログラムからも明らかである。こうしたプログラムで、通信・情報省は初期段階のスタートアップ創立者がリソースへのアクセスを持ち、有名で活動的なスタートアップ創立者やビジネスチャンスとのつながりを築けるようにする。それにより、彼ら創立者からMVPを生み出すことを助け、製品が市場に適合することを達成する支援をしている。

それに加え、通信・情報省はこれから開催されるスタートアップと投資家のマッチメーキングイベントJoint Exhibition & Junction of Startup Landscape in Indonesia(JEJALA ID)でも投資機会を促進する。

JEJALA IDは、インドネシアで投資するメリット、最も有望なセクター、インドネシアのスタートアップ・シーンからのサクセスストーリーといった、投資家にとって極めて重要な情報の共有を目的とする多角的イベントである。

このイベント全体は10月から1月にかけて開催される。最初のプレイベントロードショーが2021年10月29日にオンライン開催され、日本の参加者とベンチャーキャピタル(VC)を対象に「インドネシアのスタートアップ投資をめぐるあらゆる誤解」を解明する。

さまざまな会社から基調講演者が登壇し、参加者がインドネシアのスタートアップエコシステムに関する知見を得る手助けをするために知識を共有する。また、参加者はインドネシアICT ApplicationsのディレクターゼネラルSemuel Abrijani Pangerapan氏、Wallexの最高経営責任者(CEO)Hiro Kiga氏、ImajinのCEOであるChendy Jaya氏、ImpacttoのマネジングパートナーItalo Gani氏といった他のビジネスリーダーの話を聞くこともできる。

このイベントの主な狙いは、厳選されて投資可能な早期段階のスタートアップ30社を、欧州、シンガポール、日本、米国などの各参加地域・国の海外ベンチャーキャピタル30社と結び付けることである。

より詳しい情報と参加登録はhttps://jejala.idhttps://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fjejala.id%2F&data=04%7C01%7Cmarissa.anugrah%40cision.com%7Cf8a1b8fe0a814743afa008d994694117%7C887bf9ee3c824b88bcb280d5e169b99b%7C1%7C0%7C637704002068792688%7CUnknown%7CTWFpbGZsb3d8eyJWIjoiMC4wLjAwMDAiLCJQIjoiV2luMzIiLCJBTiI6Ik1haWwiLCJXVCI6Mn0%3D%7C1000&sdata=4D6drnflKOlM5VL%2BRb1pZsSiTd3hiJIL1jJQsUfjtHo%3D&reserved=0 )を参照のこと。

▽通信・情報省(The Ministry of Communication and Informatics)について
通信・情報省は公式なインドネシア政府機関であり、通信と情報の分野における国家政策を立案・実行することを任務としている。同省は情報技術とデジタルインフラストラクチャーの分配を加速し、一般の人々を最新の通信とインターネットのネットワークに効率的にアクセスできるようにする任務も担っている。

ソース:Ministry of Communication and Informatics of Republic of Indonesia

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405014
(画像説明:Jejala Indonesia 2021日本ウェビナーイベント:インドネシアのスタートアップ投資をめぐるあらゆる誤解を解明)

Jejala Indonesia 2021日本ウェビナーイベント
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ