プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ロイヤル・カリビアン・グループ(Royal Caribbean Group)

持続可能な3つの動力がロイヤル・カリビアン・グループの新たな船級を未来へ推進

AsiaNet 92527 (2567)

【マイアミ2021年10月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*シルバーシークルーズの「Project Evolution」は寄港中に燃料電池を使用して100%の電力を供給する最初のクルーズ船となる

クルーズ業界初のハイブリッド動力船は、ロイヤル・カリビアン・グループ(Royal Caribbean Group)(NYSE:RCL)の超高級ブランド、シルバーシークルーズ(Silversea Cruises)の一員として2023年夏にデビューする予定である。「Project Evolution」として知られる新しいクラスの船は、燃料電池システム、バッテリー技術、液化天然ガス(LNG)を主燃料とするデュアル燃料エンジンを含む3つの電源を使用して運航する。燃料電池技術を使用したこのハイブリッドソリューションにより、同船は寄港中、局所放出から解放される。これは、もう1つの業界初である。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1667819/Royal_Caribbean_Group_Project_Evolution.jpg

ロイヤル・カリビアン・グループのRichard Fain会長兼最高経営責任者(CEO)は「シルバーシーの最新の船級は、持続可能な船の設計への取り組みと環境フットプリントを削減するための旅において大きな飛躍を遂げている。当社は数年前、最初に燃料電池への熱意を発表した。 献身と忍耐力により、排出物のない港湾運営を実現できる大規模燃料電池技術を搭載した最初の船を発表できることを誇りに思う」と語った。

Fain氏は「燃料電池を船に組み込むことは、ロイヤル・カリビアン・グループが無炭素ベースの未来に移行する際に新技術を使用する準備中であることの一例である。この先駆的なアプローチは、われわれのイノベーションの精神に基づいている」 と続けた。

新しいハイブリッドテクノロジーは港湾で役立つだけでなく、Project Evolutionは、同ブランドのこれまでのクラスの船と比較して、2人部屋当たりの温室効果ガス排出量を全体で40%削減することもできる。同船のクラスはまた、該当する国際海事機関(IMO)の要件よりも約25%優れたエネルギー効率設計指数(EEDI)の評価を達成すると見込まれている。

シルバーシークルーズのRoberto Martinoli社長兼CEOは「持続可能な船舶設計とイノベーションの最前線にいることは、継続的な改善に対する当社チームの意欲の証である。これらの進歩は、顧客に世界を紹介し、注意深く環境に配慮した方法でそれを実現したいという当社の願望を支えている」 と語った。

ロイヤル・カリビアン・グループは、エネルギー効率、廃棄物処理、および水管理を強化する技術の強力なポートフォリオですでに有名である。この着実な進歩は、継続的な改善という同社のモットーに根ざしたものだ。代替の無炭素ベースのソリューションが利用可能になり、全体的な脱炭素化の旅をサポートするようになるため、同グループの将来を推進することになる。

Meyer Werft Shipyardと提携して開発されたProject Evolutionのイニシアチブの完全なスイートは、エネルギー効率を新しいレベルにもたらし、以下の通り、この種のものとしては初のイニシアチブと、これまでに成功した機能の両方を含むことになる:

*燃料電池システム:この水素ベース技術は、主電源を補完し、船のホテル業務総負荷(最大4メガワット)を賄う。これは、クルーズ業界で初めて海上に設置された大規模な燃料電池である。
*LNG(液化天然ガス):よりクリーンな燃焼燃料であるLNG燃料の推進システムは、船舶で使用される通常の燃料油よりもCO2と粒子の排出量を97%削減する。
*バッテリー:バッテリーバンクは、船の電力システム全体の最適化をサポートし、燃料を節約する。
*廃棄物をエネルギーに:新開発のMicro Auto Gasification System(MAGS、マイクロオート・ガス化発電システム)は、船内の廃棄物量を削減し、焼却排出量を削減する。
*カーボンニュートラル建設への進展:Meyer Werft Shipyardとの提携により、「Project Evolution」は、船舶建造の二酸化炭素排出量を考慮して慎重に設計・建造され、全体的な削減への道を切り開いている。

ロイヤル・カリビアン・グループは30年以上にわたり、持続可能性への取り組みに投資してきた。 同社は2016年に世界自然保護基金(WWF)と提携して、環境フットプリントを削減し、持続可能な観光を増やし、沿岸地域と文化遺産を尊重し、WWFの世界的な海洋保護活動を支援するために、具体的かつ野心的で測定可能な2020年の持続可能性目標を設定した。

さらに、同社は、国連の持続可能な海洋経済のためのハイレベルパネルとの協力や、We Are Still In連合とのパートナーシップを通じてパリ協定の約束を果たすことにコミットするなど、世界的に持続可能な慣行を提唱し続けている。

ロイヤル・カリビアン・グループの持続可能性に関する取り組みは https://sustainability.rclcorporate.com/ を参照。

▽ロイヤル・カリビアン・グループについて
ロイヤル・カリビアン・グループ(Royal Caribbean Group)(NYSE: RCL)は世界の800超のデスティネーションに60隻の船を運航する、世界をリードするクルーズ会社の1つである。 ロイヤル・カリビアン・グループは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(Royal Caribbean International)、セレブリティクルーズ(Celebrity Cruises)、シルバーシークルーズ(Silversea Cruises)の3つの受賞歴のあるクルーズブランドを所有・運営者しており、TUIクルーズ(TUI Cruises)とハパグロイドクルーズ(Hapag-Lloyd Cruises)を運営する合弁事業の50%を保有している。 これらを合わせて、2021年6月30日時点で、同ブランドは13隻を追加発注している。詳しい情報は、www.royalcaribbeangroup.co または www.rclinvestor.com を参照。

▽シルバーシークルーズについて
ロイヤル・カリビアン・グループ傘下のシルバーシークルーズ(Silversea Cruises)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3332367-1&h=2956468725&u=https%3A%2F%2Fprotect-us.mimecast.com%2Fs%2FYWSRC5yM20cBJQLXszi3X-%3Fdomain%3Dsilversea.com&a=Silversea+Cruises )は、超豪華クルーズ業界のイノベーターとして認められており、陽気さとカジュアルなエレガンスの雰囲気を提供するように設計されているSilver Shadow、Silver Whisper、Silver Spirit、Silver Muse、Silver Moonというくつろげる全室スイートの船に乗るゲストに大型船のアメニティーを提供している。エクスペディションシップのSilver Origin、Silver Wind、Silver Explorer、Silver Cloudを含めシルバーシーの旅程は、7つの大陸すべてを網羅し、地中海、カリブ海、ガラパゴス諸島、両極地域、そしてその間の何百もの魅力的なデスティネーションへの世界的な豪華クルーズを特徴としている。シルバーシークルーズはまた、Silver DawnおよびEvolution級の2隻の計3隻の新しい超豪華船の航海を楽しみにしている。シルバーシークルーズのブログ、Discover(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3332367-1&h=131176589&u=https%3A%2F%2Fprotect-us.mimecast.com%2Fs%2FCgiEC68M3VS5NAYpI6cizw%3Fdomain%3Ddiscover.silversea.com&a=Discover )を閲覧して購読し(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3332367-1&h=2022930667&u=https%3A%2F%2Fprotect-us.mimecast.com%2Fs%2FjUoSC73MgJcDgx18CBoTsK%3Fdomain%3Ddiscover.silversea.com&a=subscribe )、最新のコンテンツを直接あなたの受信トレイに受信を

ソース:Royal Caribbean Group

▽メディア問い合わせ先
Janet Diaz
Email: corporatecommunications@rccl.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ