プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

棗荘市人民政府新聞弁公室

山東省の棗荘が農村観光デモでオールフォーワン・ツーリズムを振興

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110252216-O1-z7dNFMi5

AsiaNet 92522 (2572)

【棗荘(中国)2021年10月22日新華社=共同通信JBN】棗荘市人民政府新聞弁公室(Information Office of Zaozhuang Municipal People’s Government)はこのほど記者会見を開き、今年上半期に582万3000人の観光客が棗荘を訪問し、44億元の観光収入を上げたと発表した。棗荘は近年、農村観光を熱心に宣伝してオールフォーワン・ツーリズムを推進し、文化と観光を統合した新ビジネスモデルの支援に全力を注いでおり、このような戦略は目覚ましい成果をもたらしている。

FengmaoのLizhuangは水源地域の人々の定住村で、これまで村民は農業と漁業で暮らしてきた。農村地域の再活性化により、Lizhuangに本格的な観光協同組合が設立され、土着文化を紹介する民俗指定居住エリアが形になり始めた。ビジターは石臼で各種豆腐料理を試食して購入し、搾油所ではふっくらしたピーナツを絞って純粋なピーナツ油にする工程を体験することができる。唐辛子ヤードは赤唐辛子をさまざまなピクルスに加工、観光製品のベストセラーになった。Lizhuangのスパイシーチキン炒めは後味が長持ちし、ヒョウタンヤードでビジターはお茶を飲んで太鼓の演奏を聴き、村民が演じる演劇を鑑賞するよう誘われる。Lizhuangは農村観光の有名なモデル村となった。

棗荘市の駅城区は有名な中国ザクロの郷で、ザクロ生殖質資源の中国最大のコレクションがある。そのGuanshi Pomegranate Gardenは評判が高い。駅城区は近年、ザクロ盆栽業、その他のザクロ製品、ザクロ文化、地元の伝統的利点の開発にひたすら集中している。区内には200を超えるザクロ盆栽業者がいて、4000人以上を雇用している。ザクロ盆栽の年間販売量は約50万点、売上高は5-8億元に達する。駅城区にはジュース、ワイン、茶、経口液剤、化粧品など20以上のザクロ副産物事業が開発されている。ザクロ観光アトラクションの開発にも引き続き焦点が当てられ、大成功を収めることが証明されている。

ソース:The Information Office of Zaozhuang Municipal People’s Government(棗荘市人民政府新聞弁公室)

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404912
(写真説明:棗荘市山亭区Fengmaoのヤンマ湖に沿った景勝地のJiuquhuahai)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404917
(写真説明:Lizhuangの無形文化遺産訓練センターは人気アトラクションで、村民の手工芸品を展示する舞台を提供し、職人技を披露する場)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404918
(写真説明:駅城区はザクロ産業を精力的に開発し、農村の再活性化に寄与する総合開発を推進)

棗荘市山亭区Fengmaoのヤンマ湖に沿った景勝地のJiuquhuahai
Lizhuangの無形文化遺産訓練センターは人気アトラクションで、村民の手工芸品を展示する舞台を提供
駅城区はザクロ産業を精力的に開発し、農村の再活性化に寄与する総合開発を推進
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ