プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Eversana

EVERSANAとIntouch Groupが提携し、次世代商業化の市場リーダーに第1級のデジタルファースト代理店網が加わる

AsiaNet 92475(2539)

【シカゴ、カンザスシティー(米ミズーリ州)2021年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】
世界の生命科学業界向け次世代商業サービスの先駆者EVERSANA(TM)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=1923612452&u=https%3A%2F%2Fwww.eversana.com%2F&a=EVERSANA )と製薬業界に包括的サービスを提供する世界的代理店網Intouch Group(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=4233403068&u=https%3A%2F%2Fwww.intouchg.com%2F&a=Intouch+Group%C2%AE%2C )は20日、Intouchの業界トップのクリエーティブ・メディアサービス、企業ソリューション、データ分析をEVERSANAの完全統合商業化サービスプラットフォームに組み込む合意を結んだと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/826977/Eversana_Logo.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1665632/Intouch_Group_Logo.jpg

一体化した両社は合わせて世界40カ所以上で5500人を雇用し、デジタル変革、データ、分析に数百万ドルを投資し、世界中の製薬企業に全面的な商業化サービスを提供する態勢にある。

EVERSANAのJim Lang最高経営責任者(CEO)は「この規模の提携は業界の道筋を変え、今回の提携は単に延び延びになっていた。EVERSANAは近年、破綻した生命科学産業の部門間の壁を取り払って商業化を立て直すのに年数を費やした。Intouchは当社の破壊的革新へのビジョンと旺盛な意欲を共有している。両社は一緒になって、新しい強力なやり方で生命科学エコシステム全体に取り組む。誰がEVERSANAとIntouch以上に本当に世界中の医療業界の現状を打破し、改善できるだろうか」と語った。

Intouch GroupのFaruk Capan CEOは「私は20年以上前に、大きすぎて直せない課題はないという信念で、Intouchを創業した。わがチームはEVERSANAと共に巨大な一歩を踏み出す。顧客ブランドが確実に利用できるようにし続けるだけでなく、今後は商品化のあらゆる分野を改善するために両社の販売促進とデジタルエンゲージメントの優位も利用する。課題は大きいかもしれないが、革新へのわれわれの粘り強さとコミットメントははるかに大きい」と述べた。

合意条件に基づき、両社とその顧客は直ちに、いかなる世界的な価格設定、アクセス、払い戻し、販売促進、順守、商品出荷の課題も解決するように設計されたデジタル化された患者中心サービス全体へのアクセスの恩恵を受ける。

Intouch Solutions、Intouch Proto、Intouch Seven、Intouch International、Intouch Media、Intouch B2D、Intouch Analytics、Intouch Market Access、Intouch Oxygenの子会社9社を含むIntouchの代理店網は、商品寿命全体にわたるEVERSANAの商業サービスプラットフォームによってさらに強化され、同プラットフォームを駆使する。Intouch代理店は直ちにEVERSANAの代理店であるEVERSANA ENGAGEと緊密に協力する。

EVERSANAは、Intouchの買収が年末までに完了すると予想している。財務上の詳細は公表されない。Houlihan LokeyがIntouch Groupの専任財務顧問を務めた。

▽問い合わせ先
EVERSANA
Sarah Zwicky
Tel +1 (414) 434-4691

Intouch Group
Wendy Blackburn
Tel +1 (913) 530-5207

▽EVERSANAについて
EVERSANA(TM)は生命科学業界向けグローバルサービスの大手事業者である。同社の統合ソリューションは患者の経験に根差しており、商品寿命の全段階にわたり、患者、処方者、チャンネルパートナー、支払者に長期的に持続可能な価値をもたらす。同社は、より健康な世界に向けた生命科学ソリューションを推進するため、革新的新興企業や定評ある製薬企業を含む500以上の組織にサービスを提供している。EVERSANAの詳細はeversana.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=1512047083&u=http%3A%2F%2Fwww.eversana.com%2F&a=eversana.com )を参照、またはLinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=2430726909&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Feversana%2F&a=LinkedIn )、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=3848757916&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FEVERSANAcompany&a=Twitter )に接続を。

▽Intouch Groupについて
Intouch Groupは株式未公開の包括的サービス代理店網で、8事務所でIntouch Solutions、Intouch Proto、Intouch Seven、Intouch International、Intouch Media、Intouch B2D、Intouch Analytics、Intouch Market Access、Intouch Oxygenの子会社9社を通じて世界的にクリエーティブ・メディアサービス、企業ソリューション、データ分析を提供している。全体でIntouch Groupは1400人を超える人々を雇用している。Intouch Groupは生命科学が専門で、大きすぎて直せない課題はないという信念で運営されている。Intouch Groupとはinfo@intouchg.com で連絡、またはウェブintouchg.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3329786-1&h=3935886763&u=https%3A%2F%2Fintouchg.com%2F&a=intouchg.com )を参照。

ソース:Eversana

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ