プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人日本漢字能力検定協会

連続講座『漢字指導のこれまでとこれから』開講

情報デジタル化、フォント、教材などさまざまな角度から漢字教育を考える

2021年10月21日
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
漢検 漢字博物館・図書館

漢検 漢字文化研究所(京都市東山区/所長:阿辻哲次)は、漢検 漢字博物館・図書館(以下 漢字ミュージアム)(京都市東山区/館長:髙坂節三)にて、連続講座「漢字指導のこれまでとこれから」を開講します。実施概要は、下記の通りです。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201965-O1-7vQIulZ3

 

講座概要

【講座名】漢検 漢字文化研究所 連続講座シリーズ第8弾「漢字指導のこれまでとこれから」

【内 容】学校教育の中で、漢字はこれまでどのように指導され、学習されてきたのでしょうか。

また今後、漢字学習はどのようになされていくのでしょうか。学校に一人一台ICT機器が配布され、

教育が大きな転換点を迎えているいま、さまざまな側面から漢字指導について考えてみます。

【期 間】2021年10月31日(日)~2022年3月13日(日)まで毎月開催 

【場 所】漢字ミュージアム 1階 多目的室

【定 員】各回30名(申込先着順) ※後日有料配信あり

【申 込】電話075-757-8686(漢字ミュージアム) ※各日程の1週間前から受付開始

【聴講料】一般:各回1,500円、学生:各回1,000円(漢字ミュージアムの入館料込み)

※ご自身の都合に合わせて、ご興味のあるテーマのみの受講ができます。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103726/202110201965/_prw_OT1fl_H3T9dsfd.png

 

漢検 漢字文化研究所 連続講座 シリーズ第8弾 「漢字指導のこれまでとこれから」

学校教育の中で、漢字はこれまでどのように指導され、学習されてきたのでしょうか。また今後、漢字学習はどのようになされていくのでしょうか。学校に一人一台ICT機器が配布され、教育が大きな転換点を迎えているいま、さまざまな側面から漢字指導について考えてみます。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103726/202110201965/_prw_OT2fl_1T0HA2ZP.png

※講師の所属は2021年10月現在のものです。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201965-O9-dhWQJyCA

 

漢字ミュージアムは京都・祇園に2016年6月29日に開館した日本初の漢字に特化したミュージアムです。京都市元弥栄中学校跡地に建設され、ただ漢字を見るだけでなく、触れる・学ぶ・楽しむ展示を通して、いくつもの驚きや発見を生み出す体験型ミュージアムです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201965-O10-qGm7azAB

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201965-O11-O3lzfK0Y

アクセス:

◆京阪本線『祇園四条駅』徒歩5分

◆阪急京都線『京都河原町駅』徒歩8分

◆地下鉄東西線『東山駅』徒歩10分

◆京都市バス『祇園』下車すぐ

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201965-O12-RrzEZ97t

 

施設概要

【所在地】〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地

【電話】075-757-8686

【FAX】075-531-0340

【WEBサイト】https://www.kanjimuseum.kyoto/

【入館料】大人800円 大学生・高校生500円 中学生・小学生300円 未就学児・障がい者 無料

【開館時間】 9:30~17:00 ※当面、平日は11:00、土日祝は9:30開館(いずれも16:30最終入館)

【休館日】月曜 ※当面、月曜・火曜休館(いずれも、休館日が祝日の場合は翌平日に振替)

0-講師全員画像
1-鈴木慶子
2-千々岩弘一
3-小林雄一
4-田中郁也
5-高田裕美
6-棚橋尚子
7-笹原宏之
9_漢字ミュージアムロゴ
漢字ミュージアム1
漢字ミュージアム2
16-map
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ