プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本パレットレンタル株式会社

共同輸送マッチングサービス“TranOpt(トランオプト)”をリリース

~オフライン取り組みで限界が あった他業界との協業をAIで実現~

2021年10月21日
日本パレットレンタル株式会社

(報道関係資料)

                                   

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104952/202110202009/_prw_OT1fl_I7Yqh00i.png

日本パレットレンタル株式会社(代表取締役社長:加納尚美、本社:東京都千代田区、以下JPR)は、2021年10月21日 に共同輸送マッチングサービス“TranOpt(トランオプト)”をリリースします。

TranOptは、AIによって業界を跨いだ荷主企業同士をマッチングするサービスです。共同輸送の機会を創出することによって、物流業界全体の課題である、実車率や積載率の向上、CO2排出量の削減に貢献します。2021年8月までに実施した無償モニタ利用期間において、TranOptのAIがマッチングした輸送経路の平均実車率は93% という高い値を示し、利用者からは期待の声が上がっています。

 

共同輸送マッチングサービスが求められる背景

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110202009-O2-K5UklNbq】 トラックの積載効率は40%未満にとどまっている (写真はイメージです)

 

トラックドライバーの深刻な人手不足への対策や、環境負荷の軽減が、社会的課題になっています。日本のトラックの積載効率は40%未満と 言われており* その要因の一つは、長距離輸送における復路の空車輸送にあります。

積載効率を 改善する方法の一つが複数企業で共同輸送を行うことです。近年、荷主企業同士の共同輸送の例が話題になっていますが、その多くは同業種での取り組みが中心になっています。一般に、同じ業界同士の企業では、物流形態や季節波動が似通っていることが多いため、お互いがメリットを出せる経路を見出すことが難しい傾向にあります。一方で、通常、異業種との日常的な交流は少ないため、対話の相手を見つけること自体が実務的なハードルになっています。TranOptはこうした課題を解決し、従来にない異業種同士の共同輸送を実現するサービスです。

 

*総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)

 

AIにより異業種の企業をマッチングし、共同輸送の機会を創出する

TranOptは、多数の企業の輸送経路等をデータベース化したうえ、AIによって業界を跨いだ荷主企業同士をマッチングするサービスです。

利用者は、TranOptに自社のルート情報や、積荷や詳細な条件を登録します。TranOptのAIは、希望条件を考慮したマッチングを行い、複数のマッチング候補を利用者に提示します。利用者は、共同輸送を行いたい相手にTranOpt上で通知を行い、相互に調整を図りながら共同輸送の実行に進んでいきます。

 

図:マッチングサービスの概要

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110202009-O3-plAwk508

 

モニタ利用で確かめられた効果 実車率93%

JPRは、2021年8月末まで、TranOptの無償モニタ利用期間を設定しました。トライアル期間においてTranOptが提示したマッチング候補の平均実車率は93%を示し、利用者からは期待の声が上がっています。

表:TranOptモニタ利用期間の数値

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104952/202110202009/_prw_OT2fl_Dr7Dl47J.png

(モニタ利用に参加した企業数=100社)

 

共同輸送の実現確率を高める工夫

JPRは独自のノウハウと、モニタ利用期間に得られた知見によって、共同輸送が実現する確率を高める工夫をTranOptに凝らしています。

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104952/202110202009/_prw_OT3fl_u4VD5MHA.png

 

 

会員登録やサービスの利用は「無料」

会員登録やサービスの利用は「無料」です。成約時に手数料が生じる成功報酬型を基本とし、ニーズに合わせて定額利用型も選択できます。

 

TranOpt利用希望の企業様のお問い合わせ先

貴社名、部署名、ご担当者およびご連絡先をご記入のうえ、e-mailにて弊社までお問い合わせください。

日本パレットレンタル株式会社

事業企画部 輸送マッチング推進グループ 担当:渡邉、関、関川 E-Mail:tranopt@jpr.co.jp

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ