プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友理工株式会社

住友理工、バイタルデータのクラウドサービス( β 版)を公開   「第4回 5G/IoT通信展」に出展

睡眠時バイタルデータの活用を手始めに、オープンイノベーションを加速

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 執行役員社長:清水和志)は、スマートラバー(SR)を用いたセンサー「SRセンサ」から取得したバイタルデータ(体動データに基づく、心拍や呼吸データなど)をクラウドサーバー上で共有するサービス「モニライフ・プラットフォーム」のβ版を公開しました。

 この公開に合わせ、幕張メッセ(千葉市美浜区)で10月27日(水)から開催される「第4回 5G/IoT通信展」に株式会社GENECH DATA SOLUTIONS(本社:京都市中京区、代表取締役:美馬芳彦)と共同で出展します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O2-W65mob99

 

 政府が提唱するSociety 5.0では、IoTで全ての人とモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことが期待されています。

 このたび、当社が開発したクラウドサービス「モニライフ・プラットフォーム」(β版)は、SRセンサで取得したバイタルデータをクラウドサーバーに上げ、解析結果のダウンロードやWeb API連携が可能となっています。立命館大学理工学部 岡田志麻准教授との共同研究により、従来の心拍、呼吸データの取得(推定)に加えて、独自のアルゴリズムで「睡眠の質」や睡眠状態も測定することができます。

 覚醒状態からノンレム睡眠へのステージ遷移のほか、入眠潜時(覚醒状態から眠りに入るまでの所要時間)、睡眠効率(就床時間に対する睡眠時間の割合)なども表示可能です。アルゴリズムについては、機械学習などにより睡眠の状態推定の精度を上げるとともに、ストレスなどさまざまな状態を推定できるようにバージョンアップしていく計画です。

 Web APIによるオープンイノベーションで、日々の睡眠状態や健康状態を「見える化」することや、遠隔医療・介護見守りへの展開も可能です。

 

 「モニライフ・プラットフォーム」は(株)GENECH DATA SOLUTIONSとの共同開発製品であり、「5G/IoT通信展」にも、共同で出展します。

 本展示会では、体動センサ(後述)を展示し、実際に測定してもらうことで、モニライフ・プラットフォームで解析した結果をご覧いただくことが可能です。

 

<出展概要>

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104042/202110201982/_prw_PT1fl_oN2NLpVE.png

 

< 「モニライフ・プラットフォーム」睡眠ダッシュボード 体動センサ連携時>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O3-5lezyZ3B

 

■製品のリニューアルと名称変更

 モニライフ・プラットフォームの公開に合わせて、SRセンサを応用した当社の製品「体動センサ」「ドライバーモニタリングシステム」のリニューアルおよび名称変更を進めています。

 

 「SRセンサ」技術を応用・開発した新素材「圧電ゴム」を搭載し、バイタルセンシング機器として、当社が世界で初めて実用化した「体動センサ」は、薄く柔らかく、マットレスに置くだけで、バイタルデータ(心拍・呼吸)が推定できます。2019年にモニター販売を開始して以来、その精度の高さや一般医療機器としての信頼性を背景に、多方面から引き合いをいただいてきました。モニター版は好評につき完売しましたが、ご使用いただいたお客様の声を反映し、改良・価格を見直したうえで、「モニライフ・ウェルネス」へとリニューアルして、来年1月に発売する予定です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O4-8Mv9vnIv】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O5-rWk3326X

 

 また、自動車などが走行する際の振動環境下でも、座るだけでバイタル(心拍・呼吸)、体動情報などの情報を推定できる「ドライバーモニタリングシステム」についても、「モニライフ・モビリティ」と名称を変更します。

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O7-cMo5JLe2】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O8-fmqw8s07】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201982-O6-91STxsHg

 

※「モニライフ・プラットフォーム」は、β版として、体動センサをご購入いただいた方に限り、当面、無償で公開させていただきます。ご利用にあたっては、あらかじめ利用規約への同意が必要になります。

※「モニライフ・ウェルネス」は、世界的な半導体供給不足の影響を受けており、当面は受注生産とさせていただきます。納期、価格については個別にご相談させていただきます。

※「モニライフ」は住友理工株式会社の商標です。

 

以 上

パース
睡眠ダッシュボード
モニライフ・ウェルネス
モニライフ・ウェルネス(ロゴ)
モニライフ・モビリティ(ロゴ)
モニライフ・モビリティ
モニライフ・モビリティ(装着)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ