プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通グループ

電通グループ、インドの「Goals101社」との戦略的資本業務提携によりグループのソリューション開発を強化

2021年10月19日

株式会社 電通グループ

代表取締役社長執行役員 山本 敏博

(東証第1部 証券コード:4324)

 

電通グループ、インドの「Goals101社」との戦略的資本業務提携により 自社グループのソリューション開発を強化 - AI・データ技術を用いたマーケティングプラットフォームを世界展開 -

 

 

株式会社 電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、銀行が保有する顧客データを様々な企業がマーケティングに安全かつ効果的に活用できるテクノロジープラットフォームを提供するインドの「Goals101 Data Solutions Private Limited」(本社:ニューデリー、創業者/CEO:Visham Sikand、以下「Goals101社(ゴールズ・ワンゼロワン)」)と戦略的資本業務提携契約を締結しました。

 

Goals101社は、バンクテック&データテック(銀行とデータのテクノロジー)分野において、世界でも有数の急成長企業で、銀行向けの最先端のAI・データテクノロジーを保有しています。同社は、そのテクノロジーを用いて、銀行が保有する匿名化された安全性の高いデータを活用し、企業による銀行サービス利用者向けの広告や各種コミュニケーションをパーソナライズできるプラットフォームを提供しています。広告やコミュニケーションは、銀行が保有するウェブサイト、メールマガジン、アプリなどのチャネル上で行われます。

 

同契約に基づき、Goals101社は、当社グループが擁する全世界145カ国・地域のエキスパートと顧客企業ネットワークを活用し、当社グループが特にデジタル分野で強みを持つインド市場を皮切りにグローバル展開を図ります。一方、当社グループとしては、最先端のAI・データテクノロジーを持つ同社との協業を通じて、当社グループの顧客企業に向けた、より洗練されたソリューションを開発・提供していきます。

なお、出資に先駆けてインドで実施した実証実験では、当社グループが保有する各種マーケティングデータとGoals101社のプラットフォームを連携させることによって、広告効果が大幅に改善したことを確認しており、今後、着実なグローバル展開を目指します。

 

今後も、当社グループは、アイデア、データ、テクノロジーといったケイパビリティを常に進化させ、顧客企業へより統合されたソリューションを提供していきます。

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105945/202110191931/_prw_PT1fl_HBhYBnn2.png

 

以 上

 

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ