プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

茨城県とドコモが県内産業活性化に向け、5G活用に関する共同研究を開始

~5G実証実験拠点を開設、県内企業のDXを推進~

2021年10月19日
茨城県産業技術イノベーションセンター
株式会社NTTドコモ

 茨城県産業技術イノベーションセンター(以下、イノベーションセンター)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2021年10月19日(火)に、5G技術を活用した産業創出や企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるため、共同研究契約(以下、本契約)を締結しました。 

 

 本契約に基づき、本日から、イノベーションセンター内に、5G実証実験拠点の「5Gイノベーションラボ」を開設し、コワーキングスペースとして5Gが利用できる環境を県内企業へ無償開放します。「5Gイノベーションラボ」内では、「5G活用セミナー」、スマートグラスやロボットなどの「ソリューション体験会」を開催するほか、「最新5Gソリューション」を常設展示します。5G技術の最新情報の発信、活用検討の機会を提供することにより、企業のDX推進を支援します。

 

 また、5G活用に向けて、さまざまな産業に属する県内企業で構成する「5G活用検討ワーキンググループ」を新たに設立し、5Gを活用した新たなビジネスの創出や業務効率化に向けた施策の具現化を推進します。加えて、5G技術への関心の高い企業や5Gソリューションの導入を検討している企業向けに「5G個社別相談会」を開催し、企業ごとのニーズへの支援も行います。

 

 さらに、イノベーションセンターが推進するIT・AI・ロボット分野などの多岐にわたる先導的研究活動に5G技術を取り入れます。企業との共同研究の提案など支援活動の充実を図ることにより、5Gの社会実装による県内の産業活性化をめざします。

取り組みイメージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110151701-O4-KS1sm1WW

 

 茨城県とドコモは、この取り組みを通じて「県内産業の活性化」につながる企業のチャレンジを支援してまいります。

 

 

 

 

 

 

別紙

 

各者の役割

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202110151701/_prw_PT1fl_u9t26ogt.png

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ