プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GRANDIT株式会社

中小企業向け国産統合型クラウドERP 「GRANDIT miraimil」新規パートナー募集を開始

~全国のパートナーとともに中小企業のDX化を加速~

2021年10月19日
GRANDIT株式会社

報道関係各位
 中小企業向け国産統合型クラウドERP 「GRANDIT miraimil」新規パートナー募集を開始 ~全国のパートナーとともに中小企業のDX化を加速~

 コンソーシアム方式による国産ERP「GRANDIT(グランディット)」を展開するGRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石倉 努)は、中小企業向けの国産統合型クラウドERP「GRANDIT miraimil(グランディット ミライミル)」(以下、miraimil)を2021年10月より提供しました。miraimilはこれから成長が見込まれる中小企業向けクラウドERP市場内で急速にシェアを伸ばすため、全国のSI企業、コンサルタント、士業、地方・信託銀行といったお客さまへシステムの紹介、あるいは導入する立場の方々と関係を強化すべく、新たなパートナー制度を設立いたしました。また、miraimilの魅力を向上できる連携サービスの拡充を図るため、同市場向けのサービスを取り扱うベンダーも募集しております。
 miraimilは主要な10種類の基幹業務機能から必要な機能を組み合わせて統合利用できるクラウドサービスで、従来のオンプレミス型「GRANDIT」と比べて、最短で3か月というスピード導入と平均80%の導入コストの削減が可能です※。また、システム基盤はマイクロソフトが提供する高セキュリティなパブリッククラウドMicrosoft Azureの占有環境で、当社の専任スタッフによる運用保守・監視サポートが付いているため、ハードウェア・ソフトウェアの両面でシステムの運用・保守が不要となり、IT担当者の業務負荷を軽減します。
 今後miraimilは、他業種向けへのプランを拡大、他サービスとの連携強化、機能やサービスを拡充させながら、中小企業のデジタル化を通じた業務効率化を支援してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110171761-O3-ru3xZ738

■「miraimil」のパートナー制度概要(パートナー制度の詳細:https://www.miraimil.jp/partner/
パートナリングする企業様のビジネスプランに応じて以下3種類のプランをご用意。
いずれのプランも加盟金は必要ありません。
【SI企業向け】
a.販売パートナー・・・miraimilのサービス販売とユーザー向けシステム導入支援を行うパートナー
(メリット)
・お客様と直接契約し、miraimilの導入支援を行うことができます。
・ノンカスタマイズのシステム導入であるため、従来のオンプレミス型ERPと比較するとSIの難易度は低く、早期に自力で導入できるようになります。また、若手エンジニアが活躍できる場を提供することも可能となります。
・サービスを仕切販売できるため、ストックビジネスで安定した収益を確保できるようになります。
【コンサルタント、会計士/税理士/中小企業診断士、銀行向け】
b.提携パートナー・・・案件を当社にご紹介いただくパートナー。あるいは、導入支援内で自社のサービスを提供いただくパートナー。
(メリット)
・担当する中小企業のお客さまが抱える経営、業務課題に応じて、紹介できるITソリューションの選択肢が増えます。また、案件が成約に至った場合は、販売手数料の収益を得ることができます。
【連携サービスベンダー、コンサルタント、クラウドサービス事業者向け】
c.連携パートナー・・・miraimilに連携する自社サービスをご提供いただくパートナー
(メリット)
・お客さまが基幹システムを置き換えるタイミングで、貴社の商材、サービスを紹介することで販路が拡大できます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110171761-O4-6Nwmatn3
<パートナー様との協業イメージ>

 ■ パートナー様への支援内容
パートナー様向けに無償でご支援いたします。
・販促マテリアルのご提供・・・各種資料、動画集のご提供
・営業のスキルアップ支援・・・販売に関する勉強会(ウェビナー)
・エンジニアのスキルアップ支援・・・導入に関する勉強会(ウェビナー)
・営業活動支援・・・miraimil案件のご紹介、お客様へのサービス説明やデモンストレーションの
代行(オンサイト/オフサイト)

 ■パートナー制度に関するご質問、お問い合わせ先
「miraimil」パートナー制度に関するご質問、ご連絡はポータルサイト(https://www.miraimil.jp/partner/)よりお問い合わせください。

 ■ 会社概要
会社名:GRANDIT株式会社(https://www.grandit.jp/
本 社:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
代表者:代表取締役社長 石倉 努
設 立:2003年10月1日
資本金:9,500万円
事業内容:GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。

<GRANDIT / GRANDITコンソーシアム>
「GRANDIT」は2004年に提供を開始し、国内1,200社以上の導入実績を持つ国産の統合型ERPパッケージです。「GRANDITコンソーシアム」は、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されました。製品完成後も製品とサービスの絶え間ない成長をめざし、定期的な活動を続けております。

 ■ 注釈について
※平均80%の導入コスト削減
当社にて商社・卸売業、サービス業の中堅企業向けに「GRANDIT」を導入した実績値を元に算出。

*「GRANDIT」、「GRANDIT miraimil」、「miraimil」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
* Microsoft、Excel、Azureは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
*その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

<miraimilがカバーする領域>
<パートナー様との協業イメージ>
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ