プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DiscGenics, Inc.

ゴールドマン・サックスがDiscGenicsに注目

AsiaNet 92376
ゴールドマン・サックスがDiscGenicsに注目

DiscGenicsのChairman兼CEOであるフラッグ・フラナガンは「2021 Builders + Innovators Summit」で「100 Most Intriguing Entrepreneurs」の1人として選定される

ソルトレイクシティ(ユタ州), 2021年10月19日 /PRNewswire/ — 脊椎関連変性疾患に伴う疼痛緩和および機能改善を目的とした再生医療等製品を開発する臨床開発ステージのバイオベンチャーであるDiscGenicsは、ゴールドマン・サックス(GS)がカリフォルニア州ヒールズバーグで開催する「2021 Builders + Innovators Summit」において、当社のChairman兼CEOであるフラッグ・フラナガン氏が、GSが選ぶ世界で最も興味深い起業家100人(「100 Most Intriguing Entrepreneurs」)の1人として選定・表彰されることを本日発表した。

様々な業界の起業家にスポットライトを当てるためにも開催される本イベントは、2日間にわたって開催される。

フラナガン氏は医療機器領域において、起業家・経営者・アドバイザーとして30年間超の経験を有している。そして、2007年に設立されてから、当社リードシーズでもある変形性椎間板症(DDD:Degenerative Disc Disease)治療用の椎間板細胞治療用注入剤(IDCT:Injectable Discogenic Cell Therapy)の研究開発(前臨床・米国における第Ⅰ/Ⅱ相試験、日本における第Ⅰ/Ⅱ相試験など)を牽引してきた。

今回の表彰に関し、フラナガン氏は「ゴールドマン・サックスからこのような形で我々のやってきたことが認められたことを光栄に思っている」と述べ、「私自身、DiscGenicsに務める役職員、アドバイザー等全員にお礼をしたい。彼らの支援なくして、腰痛に悩む数多くの患者を支援する可能性を秘めているIDCTの開発をここまで運ぶことはできなかったと思う」と続いた。

フラナガン氏は、DiscGenicsを設立する前、脳神経外科手術用医療機器の卸会社「Flanagan Instruments」を設立し、24年間にわたり当該領域のリーディング・カンパニーに進展させ、2005年に伊藤忠インターナショナルに売却している。また、現在DiscGenics以外でTrueDigital Systems社・Peleton Medical社・Triad Life Sciences社・Steribite社・Neurosurgery Research & Education Foundationの取締役も務めており、以前に再生医療等製品の米国企業団体であるAlliance for Regenerative Medicineの取締役、そして各々アルコン・オリンパスに買収されたTrueVision Systems社・Image Stream Medical社の取締役としての経歴も有している。

ゴールドマン・サックスのCEOであるデービッド・ソロモン氏は今回の件について「多くの考え・観点が交わる場所でこそイノベーションは生まれると思う」とコメントをしており「ゴールドマン・サックスではこの事実を考慮した上、社会各方面の人々が一堂に会する場面を提供することにより、未来へのイノベーションの切口を提供しようとしている。今年のBuilders + Innovators Summitへ参加されるリーダー達は各々注目すべき方々であり、今年を代表する起業家としてフラナガン氏を表彰できることを大変嬉しく思っている。」と当社CEOを讃えた。

なお、今回のサミットでは、100人の起業家を表彰するほか、経験豊富な起業家、学者、ビジネスリーダー、学者による一般セッション等も行われる。

DiscGenicsについて
DiscGenicsは、脊椎関連変性疾患を患う患者の疼痛緩和および機能改善をする再生医療等製品の開発に注力する臨床開発段階にある未上場バイオベンチャー企業である。世界で唯一椎間板疾患を治療するための椎間板由来他家細胞治療製剤を開発する企業として、腰痛に悩む数多くの患者を治療するユニークなポジションを有している。同社最初の開発品目であるIDCTに含まれる他家·相同利用のディスコジェニック細胞は、椎間板組織由来の前駆細胞であり、手術を伴わない注入剤として投与されるため、低侵襲な方法で軽度から中程度の変形性椎間板症の組織再生を促す可能性を秘めている。

より詳しくは、同社ホームページ参照  www.discgenics.com/home-ja

 
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1661795/FlaggFlanagan.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/561675/DiscGenics_Logo.jpg

問合せ先:  リンゼー・サクソン(英語)lindsey@discgenics.com; コーリン・リー・ノビック(日本語)colin.lee.novick@cj-partners.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ