プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シュナイダーエレクトリック株式会社

シュナイダーエレクトリック、産業用イーサネットスイッチをModiconスイッチとしてリニューアル発売

2021/10/18
シュナイダーエレクトリック

● 産業現場のネットワークの基幹デバイスとして産業用イーサネットスイッチの販売を強化
● 第1弾としてアンマネージドスイッチのラインアップをリニューアル、シンプルなスタンダードラインに加え、電源二重化やQoS、ジャンボフレームに対応したプレミアムラインを新たに展開
● 2022年以降にマネージドスイッチのラインアップ拡充を順次展開

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、産業用イーサネットスイッチのシリーズラインとして、これまで販売していたConneXiumをリニューアルし、新たにModicon スイッチとして10月18日より発売します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110151732-O1-O5TCqTby

産業用イーサネットスイッチは、製造現場のDX、IIoT化ニーズの高まりを受け、その通信インフラを構築するために益々重要度が高まっています。この度シュナイダーエレクトリックは、特に増大するスループットへの対応やサイバーセキュリティリスクへの対策など新しいニーズに対応するため、従来ConneXiumシリーズとして展開していた産業用イーサネットスイッチをModicon スイッチシリーズとしてリニューアルいたします。1968年に世界で初めて製品化し、今も世界中で広く使われているシュナイダーエレクトリックのPLC 「Modicon」と統一したブランド名で展開することにより、産業用イーサネットスイッチとしてのブランド力向上を目指します。

Modiconスイッチシリーズは、長期供給に加えて、盤内に最適なDINレール取り付け、幅広い使用周囲温度やIP67に対応した機種も揃えており、シンプルなアンマネージドスイッチシリーズと、安定稼働とよりきめ細かい通信トラフィックを管理するためにQoS (Quality of Service) や冗長化などの機能を搭載したマネージドスイッチをラインアップに備えています。今回、第1弾のリニューアルとして、アンマネージドスイッチの新たなラインアップを10月18日より発売開始します。マネージドスイッチは、2021年12月以降の発売を予定しています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110151732-O2-5j6LRcLS
図:Modiconスイッチ ラインアップ拡充予定

10月18日より発売を開始するModiconスイッチシリーズのアンマネージドスイッチは、スタンダードとプレミアム、2つのグレードで展開します。スタンダードのアンマネージドスイッチは、シンプルでプラグアンドプレイ可能なエントリーモデルで、ポート数や光ファイバー通信の有無などによる計5種のバリエーションで新たに発売します。リニューアルに伴う改良で、消費電力を低減しサイズもよりコンパクトになり、従来のConneXiumシリーズ機種とも完全互換なので、同機種を導入済みのお客様にも安心してご使用いただけます。
プレミアムのアンマネージドスイッチは、QoSやマルチキャストフィルタリングに対応しており、電源が二重化されているほか、異常時にアラームレポートが行えるポートを備えています。スタンダードと同じく、ポート数や光ファイバー通信有無などによる計5種のバリエーションをラインアップに揃えました。

Modiconスイッチおよび アンマネージドスイッチの主なポイント:
● 製品シリーズの名称をConneXiumからModiconスイッチへ変更
● ハイエンドなアンマネージドスイッチのプレミアムラインを新たに展開開始
シンプルなスタンダードアンマネージドスイッチに加え、電源の二重化、QoS、ブロード/マルチキャストストーム、スレッシュホールド制御、ポート優先度、ジャンボフレーム、アラームリレー出力、などに対応した、ハイエンドなプレミアムアンマネージドスイッチを新たにラインアップ。
● 用途に応じた選べる多彩なバリエーションを拡充
スタンダードアンマネージドスイッチ=5~8ポート、プレミアムアンマネージドスイッチ=5~9ポートのバリエーションを完備。それぞれに長距離伝送に対応するマルチ&シングルモードの光ポートを備えたモデルも用意。
● 産業環境に適合した堅牢かつ安心安全設計
使用周囲温度0~+60℃/IP30(スタンダード)、-40~+70℃/IP40(プレミアム)など厳しい産業用現場環境に適応し、シリーズ全製品で産業用制御機器向けUL安全規格(UL61010)を取得。プレミアムモデルにおいては絶縁保護コーティングを標準実装し、Haz-Loc UL – Class I Division 2, ATEX Zone2に対応。
塵埃、浸水に対応できるIP67モデル(従来販売品)と合わせて、様々な環境に適応。
● コンパクトなサイズを実現、35mmDINレール取付に対応しており、狭い盤内にもフィット
● ワイド入力電源と低消費電力
9~32Vdcのワイド入力電源(定格は24Vdc)と1.6Wから最大6.9Wの低消費電力

なお、マネージドスイッチのラインアップは、2021年12月より順次発売を予定しています。これまで展開していたConneXiumのマネージドスイッチと比較して、サイバーセキュリティを大幅に強化し、PoE対応、ギガビットイーサー対応、より耐環境性能を高めたモデルなどをラインアップに追加します。また、今回の産業用イーサネットスイッチのリニューアルに伴い、ネットワーク構築を得意とするシステムインテグレーター企業とのパートナーシップについても強化します。

詳細情報は、以下製品ページをご覧ください。
・Modiconスイッチ 製品ページ https://www.proface.com/ja/product/router_hub/modicon_switch/top
○製品についてのお問い合わせ:シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター TEL:0570-056-800

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、あらゆる人がエネルギーや資源を最大限活用することを可能にし、世界の進歩と持続可能性を同時に実現することを目指しています。私たちはこれを「Life Is On」と表現しています。
私たちの使命は、持続可能性と効率性を実現するためのデジタルパートナーになることです。
世界をリードするプロセス技術やエネルギー技術と、エンドポイントとクラウドをつなぐ製品、制御機器、ソフトウェアやサービスとを、ライフサイクル全体を通して統合し、その統合された管理を住宅、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、各種産業に展開することでデジタルトランスフォーメーションを推進します。
私たちは、最もローカルなグローバル企業です。社会にとって意義深い目的を持ち、多様な意見を取り入れ自ら行動するという価値観を持って、オープンスタンダードとパートナーシップエコシステムの拡大に尽力します。
www.se.com/jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ