プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FII Institute

FII 5周年のFII Instituteに先駆的なテクノロジー企業とグローバルイノベーターが参加

AsiaNet 92328 (2449)

【リヤド(サウジアラビア)2021年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*2021年10月26-28日に開催されるFIIの5周年行事に向け、Future Investment Initiative(FII) Instituteは、新たに10のグローバルイノベーターおよび先駆的なテクノロジー企業とのパートナーシップを発表
*テクノロジーパートナーには、シーメンスやZoomなどのFortune 100 Global Corporationから、Lilium(「LILM」)などの最近上場した企業、Interstellar Labsなどのベンチャー支援の初期段階の企業が含まれる
*FIIテクノロジーパートナーは、研究所のImpact on Humanity(人類への貢献)をサポート

空飛ぶ車から宇宙技術、さらにドローン、衛星、ビデオコールまで、テクノロジーとイノベーションの最大手企業が、Future Investment Initiative(FII)Instituteと提携している。世界最高の先駆的なテクノロジー企業やスタートアップ企業の数社が、2021年10月26-28日にサウジアラビアのリヤドで開催されるFIIの5周年行事を前に、FII Instituteと提携した。

FII Instituteはグローバルな非営利財団であり、テクノロジーパートナーは、AI、ロボット工学、教育、医療、持続可能性の5つの影響分野にわたるFII Instituteの活動をサポートしている。FIIの5周年行事は「Invest in Humanity(人類への投資)」というテーマで開催され、各テクノロジーパートナーはその共通のテーマを共有している。

FII InstituteのRichard Attias最高経営責任者(CEO)は次のように述べた。
「各パートナーは、人類にプラスの影響を与えるというFII Instituteの使命をサポートするユニークで先駆的なテクノロジーをもたらす。これらのグローバルなトップ企業からのすべての投資、発明、研究、製品は、すべての人にとってより良い世界を作ることを目指している」

「複数のセクターがポストコロナの時代で復興を目の当たりにする中、FIIの5周年は、世界のリーダー、専門家、イノベーター、メディアをグローバルフォーラムに集め、社会の最も差し迫った課題の解決策を模索し、その実現に向けて行動を推進するだろう」

FII Instituteは、今年初めにLiliumとInterstellar Labsへの投資を発表した。Liliumへの投資は、航空旅行業界における従来の燃焼エンジンに代わる、持続可能で環境に優しい代替品を開発および活用するための戦略の一部だ。FII Instituteは、Interstellar Labsへの投資を通じて、AIシミュレーションベースの設計の開発に資金を提供し、それを活用して、地球の最も差し迫った環境問題に取り組んでいる。

▽新しいテクノロジーパートナー
*Zoom:クラウドベースのピアツーピアソフトウエアプラットフォームを通じてビデオテレフォニーとオンラインチャットサービスを提供するグローバルテクノロジー企業
*シーメンス AG:産業、インフラストラクチャー、運輸、医療に焦点を当てたグローバルテクノロジー企業
*SenseTime:革新的なコンピュータービジョンとディープラーニングテクノロジーに焦点を当てたAI企業
*OriginAll:真正で追跡が可能な製品に専念する最初の市場デベロッパー
*Natufia(KAUST):世界初のスマート屋内家庭菜園のデベロッパー
*Lilium:電動垂直離着陸機、垂直離着陸用飛行場、デジタルサービスを通じた持続可能な高速エアモビリティーのデベロッパー
*Interstellar Labs:地球、月、火星上で生命を維持するためのクローズドループバイオドームを設計する宇宙技術企業
*HEPTA Airborne:ドローン、ヘリコプター、衛星、ビッグデータを使用して電力線の分析を自動化するデベロッパー
*DroppTV:製品販売をワンクリックでシームレスに統合し、消費量の多いビデオコンテンツに統合した最初のビデオプラットフォームのデベロッパー
*Can Mobilities:高齢者介護用スマートモビリティーデバイスのパイオニア

 
▽FII Instituteについて
FII Instituteは投資部門を持ち、Impact on Humanity(人類への貢献)を課題とする国際的非営利財団である。環境・社会・ガバナンス(ESG)の原則にコミットし、財団は最高の知性を育て、人工知能(AI)、ロボット工学、教育、医療、持続可能性の重点5分野でアイデアを現実世界のソリューションに転換する。

財団は意思決定者、投資家、熱心な若年世代が大望を抱き、活気付き、変化を求めて集結する適切な場所、適切な時にいる。このエネルギーをTHINK、XCHANGE、ACT(考え、交流し、行動する)の3つの柱に活用し、世界的な変化をもたらすイノベーションに投資する。

www.fii-institute.org

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1660474/FII_Institute_Anniversary.jpg

ソース:FII Institute

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ