プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LexisNexis

LexisNexis、国連のSDGsに関するイノベーションの貢献度を客観的に追跡し報告することができる新しい持続可能なイノベーション測定フレームワークを発表

AsiaNet 92254

LexisNexisは、国連のSDGs(持続可能な開発目標)に関するイノベーションの貢献度を客観的に追跡し報告することができる新しい持続可能なイノベーション測定フレームワークを発表しました。

サブヘッド: 業界初、特許データを国連のSDGsの枠組みにマッピングすることで、持続可能なイノベーションの分析に革命を起こします。

米国ニューヨーク, 2021年10月12日 /PRNewswire/ — LexisNexis(R) Legal & Professionalは、同社の知的財産分析ソリューションを代表するLexisNexis(R) PatentSight(R)のイノベーティブな機能を発表しました。世界の特許を国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)にマッピングするこの機能により、持続可能性に焦点を当てたイノベーションの識別、検索、追跡が可能となります。この新しい客観的な指標は、世界のイノベーションの状況を、今までになかった方法で把握し、持続可能な技術の機会を明らかにします。

企業は、戦略的、財務的、経営的な意思決定において、持続可能性を考慮する必要性に迫られており、持続可能性は新たな主要価値指標として浮上しています。PatentSight(R)は、世界の特許データをもとにして、グローバルな範囲で、持続可能性にイノベーションがどのように貢献しているかを客観的に追跡し評価するための重要な情報源を提供します。

特許がもたらすイノベーションによって表現される科学技術の進歩を、国連のSDGs(世界の繁栄の基礎となる明確な分野であり、ESGの課題にも大きく関連するとして特定されている)にマッピングすることで、PatentSightの分析プラットフォームは、グローバルな範囲での持続可能なイノベーションに関するこれまでにないインサイトを提供し、ユーザーが持続可能性の各分野におけるイノベーションの強さを分析することを可能にします。このユニークな機能により、特許専門家だけでなく、特許以外の専門家も、関心のある分野に簡単にアクセスし貴重なインサイトを得ることができます。研究開発(R&D)、投資戦略、効果的な評価測定、従業員や消費者および株主への教育や情報提供のための企業コミュニケーションなど、持続可能性に関するテーマについてより良い意思決定や報告を行うことができます。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1657103/LexisNexis_PatentSight_UN_Sustainable_Developement_Goals.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1557011/LexisNexis_Logo.jpg

LexisNexisは、国連の法の支配運営委員会に積極的に参加し、国連SDGsの策定を支援しました。LexisNexis Intellectual Property Solutionsは、世界の特許を国連SDGsにマッピングすることで、偏りのない持続可能性の評価を求める企業、投資家、大学、法律事務所、NGO、政府機関などに知財のソフトウェア、データ、コンサルティングのソリューションを提供する最初の企業となりました。

LexisNexis Intellectual Property Solutions社長のAndrew Matuchは、今回の発表について次のように述べています。

「持続可能な社会を実現するための技術開発は非常にダイナミックで競争が激しいものです。特許データを新たな参考資料として提供することで、LexisNexisはイノベーションのコミュニティに、グローバルな範囲で比類のない持続可能なイノベーションのインサイトを提供いたします」

「LexisNexisでは、我々のアプローチを先駆者として明確化しています。イノベーションを明快にし、地球の課題を解決するための緊急行動を促す国連の持続可能な開発目標(SDGs)を継続的に推進することを誇りに思っています」

LexisNexisの持続可能な開発へのコミットメントの一環として、SDG分析機能はLexisNexis(R) PatentSight(R) Enterpriseユーザーに追加料金なしで提供されます。詳細については、lexisnexisip.com/jp/SDGをご覧ください。

LexisNexis Legal & Professionalについて 
LexisNexis Legal & Professionalは、法律、規制、ビジネスに関する情報や分析を提供するリーディング・グローバル・プロバイダーであり、お客様の生産性向上、意思決定と成果の改善、そして世界中のRule of Law(法の支配)の促進を支援しています。デジタル・パイオニアとして、Lexis(R)およびNexis(R)のサービスにより、法律およびビジネス情報のオンライン化を世界で初めて実現しました。LexisNexis Legal & Professionalは、世界160カ国以上で10,400人の従業員がお客様にサービスを提供しております。専門家やビジネスカスタマー向けに情報に基づいた分析や意思決定ツールを提供するグローバル企業であるRELXの一員です。

LexisNexis Intellectual Property Solutionsについて 
LexisNexis Intellectual Property Solutionsは、世界中の企業のイノベーションに明快さをもたらします。情報に基づいた意思決定、生産性の向上、規制への対応、そして最終的にはビジネスの競争優位性を実現することで、イノベーターがより多くのことが達成できるように支援します。当社のワークフローおよび分析ソリューション(LexisNexis(R) IP Data Direct、LexisNexis PatentAdvisor(R)、LexisNexis PatentOptimizer(R)、LexisNexis(R) PatentSight(R)、LexisNexis TotalPatent One(R))は、企業がより効率的かつ効果的に、意味のあるイノベーションを世界にもたらすことを可能にします。私たちは、人類をより良くするために努力しているイノベーターを直接にサポートし、奉仕できることを誇りに思います。

Media contacts:
Hiroko Osaka
LexisNexis Intellectual Property Solutions
Hiroko.osaka@lexisnexis.com

James Gray / Theo Davies-Lewis 
Finsbury Glover Hering 
james.gray@fgh.com / theo.davies-lewis@fgh.com  
+44 (0)20 7251 3801 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ