プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ascend Performance Materials

AscendがFakumaに出展:焦点は顧客の成長

AsiaNet 92235 (2403)

【ヒューストン2021年10月12日PR Newswire=共同通信JBN】Ascend Performance Materialsは、より大規模な世界展開、幅広い製品ポートフォリオ、顧客イノベーションの素早い市場投入にコミットする技術リソースとともにFakumaに戻ってくる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1326397/ASCEND_Logo.jpg

Ascendは前回のFakuma以来、欧州とアジアに定評あるエンジニアリング・プラスチック施設3カ所を取得した。イタリア・モッツァーテのPoliblend、フランス・フォッセのEurostar、中国・蘇州のコンパウンディングサイトである。これらの買収でAscendの世界展開が増大し、ポリアミド6、防炎剤、マスターバッチ、再生ポリマーなど製品ポートフォリオが大幅に拡大した。

AscendのJohn Saunders副社長(欧州担当)は「われわれは顧客が成長を加速し、今後数年の新たな需要に応えられることを重視してきた。自動車の軽量化や電動化であろうと、高電圧の安全性向上、あるいは消費財・工業製品の耐久性であろうと、顧客によりよいサービスを提供するためにわれわれは改革し、最適化、成長してきた」と語った。

世界最大のポリアミド66樹脂完全総合生産者であるAscendはこのほど、eモビリティー、電化、再生エネルギー移行に対応するHiDura(TM)長鎖ポリアミドとStarflam(R)難燃性ポートフォリオを発売した。

AscendのIsaac Khalil上級副社長(ポリアミド担当)は「Fakuma復帰によって、われわれがいかにグローバル、多様で信頼できるパートナーであるか、顧客に示すことができる。われわれは技術的資源、当社製品、事業に多額投資しており、新しい高性能素材を導入して、新技術で顧客の競争力を高められるようにしている」と語った。

Ascendは顧客に協力して、製品の環境影響、新アプリケーション、温室効果ガス(GHG)排出を含む持続可能ソリューションを取り入れることにコミットしている。Ascendは最新の持続可能性リポートで、2030年までにGHG排出を80% 削減すると発表した。

Ascendは10月12-16日、FakumaのホールA4、スタンド4111で新素材、設備、技術力を展示する。

Ascendの詳細はwww.ascendmaterials.com を参照。

▽問い合わせ先
Osama Khalifa
+1 832-963-1347
okhali@ascendmaterials.com

ソース:Ascend Performance Materials

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ