プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PTC Inc.

PTCとVolvo Groupがデジタルエンジニアリングでの提携を発表

AsiaNet 91938

【ボストン2021年10月11日PR Newswire】
・ボルボグループは、PTCとの長年にわたる協力関係をさらに発展させ、PTC製品の利用範囲を拡大
・ボルボグループは、PTC製品を利用することで、様々なデータをつなぐデジタルスレッドを構築し、全社レベルの生産性向上を推進

PTC(NASDAQ: PTC)とVolvo Group(ボルボ・グループ)は27日、デジタルエンジニアリングの提携をさらに深める計画を発表した。Volvo Groupは、同社のCADプラットフォームの統合を決定し、これによってPTCの製品がVolvo Group)で完全な車両デザインのために使用される主要なCADおよびPLMソリューションとしての役割を果たすことになる。

PTCのWindchill(R)製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウエアと、Creo(R)コンピューター支援設計(CAD)ソフトウエアのすべての能力を活用するこの世界クラスのソリューションは、Volvo GroupのPLMおよびCAD機能における提携の促進を目指しており、Volvo Groupのデジタル製品データの再利用を大幅に増やす。

トラック、バス、建設用機器、海洋・産業用途向け電力ソリューションを提供するVolvo Groupは、PLMおよびCADプラットフォームを統合してバリューチェーン全体の製品データをさらに活用できるようにすることで、同社のITアーキテクチャーを変革する戦略に乗り出した。

Volvo GroupのLars Stenqvist最高技術責任者(CTO)は「単一のPLMとCADプラットフォームを使用することは、当社のデジタルエンジニアリング変革の重要な機能を果たす。この基盤を活用することで、当社はPTCのIOTとARソリューションを当社のデジタルスレッド戦略に結合できる大きな可能性があるとみている」と語った。

Volvo Groupは、製品イノベーションのプロセスを変革することに加え、より安全、よりクリーン、より効率的なテクノロジーとシステムソリューションによって輸送業界の将来を形成することも目指している。

Stenqvist氏は「当社はボルボの持続可能な輸送とインフラストラクチャーの将来環境を追求しており、CADプラットフォームでPTCと提携することにより、協力して今後数年間にわたる競争上の優位性になると期待する世界クラスの能力を生み出していく」と語った。

PTCのJim Hepplemann社長兼最高経営責任者(CEO)は「共通ビジョンに協力して取り組むことで、当社はPTC製品スイートの重要な向上と、Volvo Groupが優れた製品を市場に提供するうえでの重要な向上を推進してきた。ボルボグループの製品開発チームのパートナーとして、PTCを選んでいただいたことを喜ばしく思います。両社が協力して実現するデジタルエンジニアリングのアプローチは、世界の企業にとって手本になる」と語った。

PTCのWindchill(R)(https://www.ptc.com/ja/products/windchill?utm_source=volvogroup&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=cadplm

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウエアと、Creo(R)(https://www.ptc.com/ja/products/windchill?utm_source=volvogroup&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=cadplm

▽Volvo Groupについて

Volvo Groupは輸送とインフラストラクチャーのソリューションを通じて繁栄を推進し、トラック、バス、建設用機器、海洋および産業用途の電力ソリューション、当社顧客の稼働時間と生産性を向上させる資金提供とサービスを提供している。1927年創業のVolvo Groupは、持続可能な輸送とインフラストラクチャーのソリューションの将来環境を形成することにコミットしている。Volvo Groupは、スウェーデンのイエーテボリに本社があり、約10万人を雇用、190以上の市場の顧客にサービスを提供している。2020年の純売上高は約3380億スウェーデンクローネ(336億ユーロ)に達した。ボルボの株式はNasdaq Stockholmに上場されている。

▽PTC(NASDAQ: PTC)について

PTCは、製品やサービスのイノベーションの加速、オペレーション効率や従業員の生産性の向上を実現するソフトウエアソリューションを提供し、世界の製造業が2桁の効果を生み出す支援をしている。PTCが幅広いパートナーネットワークと組んで提供するデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の技術は、オンプレミス、クラウド、または純粋なSaaSプラットフォームを介して柔軟な導入が可能である。PTCは、よりよい世界を想像するだけでなく、実現するために貢献している。

PTC.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3303576-1&h=3266866870&u=http%3A%2F%2Fwww.ptc.com%2F&a=PTC.com )

@PTC(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3303576-1&h=791859442&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2FPTC&a=%40PTC )

ブログ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3303576-1&h=3811275919&u=http%3A%2F%2Fwww.ptc.com%2Fblogs&a=Blogs )

▽メディア問い合わせ先
Volvo Group
Asa Alstrom  
Head of Strategic Communications  
Volvo Construction Equipment  
asa.alstrom@volvo.com 

PTC  
Corporate Communications  
Gabrielle Farrell  
gfarrell@ptc.com

PTCの社名、Creo、Windchill、PTCロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の登録商標である。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1313772/ptc_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ