プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DTM

ITR、シェフラー、マーレがノリスリンクでDTM Electricデザインモデルを発表

AsiaNet 92176 (2369)

【ニュルンベルク(ドイツ)2021年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*完全な電動レースシリーズへの次なるステップ
*DTM Electricデザインモデルはレースカーがどのような形になるかを示す
*現在開発中のプロトタイプの展望

電動モータースポーツの将来は明るい!BWT主催のDTMノリスリンクの期間中、ITR GmbHとシリーズのパートナーであるシェフラー(Schaeffler)とマーレ(MAHLE)が、DTM Electricに向けた次なるステップを発表した。DTMシーズンファイナルの最初のレースに先立ち、DTMを率いるゲルハルト・ベルガー(Gerhard Berger)氏、Matthias Zink氏(シェフラーの自動車技術部門最高経営責任者)、Jochen Schroeder博士(シェフラーのEモビリティー部門社長)、Fred Tuerk(MAHLE Motorsport副社長)が、DTM Electricデザインモデルを発表した。

DTM Electricデザインモデルは、現在開発中のレースシリーズのプロトタイプの1対1モデルであり、DTM Electricの車の外観を呈している。DTM Electricの参加者は、彼らの具体的な設計特性に合わせてシャーシを調整することができる。

これは、未来のレースシリーズの技術的基礎を示したDTM Electricデモカーのプレゼンテーションに続く次の大きなステップだ。DTM Electricのパイオニアであるシェフラーやマーレなどの強力なパートナーのサポートを受けてDTM Electricは最高レベルの持続可能なレースを展開しており、1000馬力以上で時速300キロメートルを大きく超える最高速度の目の覚めるようなモータースポーツ体験が将来提供されるだろう。

DTM Electricの自動車は、シェフラーの単輪電気駆動装置を搭載する予定で、無限の可変トルク配分を特徴としているため、ドライビングダイナミクスの可能性と回復可能なエネルギーの両方で新しい次元に到達する。さらに、すべてのDTM Electricの自動車には、DTMですでに成功裏に使用されている革新的なSpace Driveステアリングシステムが搭載される。その結果、モータースポーツのイノベーションラボとしてのDTM Electricは、魅力的なレースと将来のテクノロジーの理想的な組み合わせを提供する。

相互参照:画像はAP Images(http://www.apimages.com )で入手できる。

▽問い合わせ先
Aline Proll
+49 172 41 61 617
a.proll@dtm.com

 
ソース:DTM

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ