プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人小山学園

学校法人小山学園と東京都立練馬工業高等学校、教育連携協定を締結

2021年10月11日

学校法人小山学園
東京都立練馬工業高等学校

学校法人小山学園と東京都立練馬工業高等学校、教育連携協定を締結

学校法人小山学園(専門学校東京工科自動車大学校・専門学校東京テクニカルカレッジ:中野区)と東京都立練馬工業高等学校(練馬区)は、「高専一貫の教育プログラム」開発を目指した教育連携の協定を2021年10月8日に締結しました。
これは、中等教育課程の高等学校段階から職業観を養い、職業意識をもった進路選択とその専門知識や技術を高めるための高等教育機関(専門学校)へと進む、「高専一貫教育」の実現に向けて教育連携していくものです。この教育連携により、魅力ある高等学校教育・専門学校教育の充実と発展の相乗効果を図るべく、「高専一貫教育」のプログラム開発と実証を行って参ります。
 協定の詳細は下記の通りです。

                                                【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110101363-O3-FAobQxOn

                                                                 記

 
目的:
学校法人小山学園と東京都立練馬工業高等学校、双方の教育連携を図り、高校時代から職業観を養い、そのための専門知識や技術を高めていくことにより、中等教育機関(高等学校)と高等教育機関(専門学校)の活性化を図る。

連携のポイント:
技術革新や多様化する社会において、高校生の時から最新の情報や技術に触れて、多様な業界への興味や関心・学びの動機付けを行う。そして、より専門性の高度化を専門学校において、スキルの高い専門人材を社会に送り出すことに寄与していく。
主な連携内容:
(1)高専一貫の教育カリキュラムの開発
(2)小山学園が開催する授業・課外授業、企業連携プログラム、進路ガイダンス等の提供
(3)小山学園が開講する講座に練馬工業高等学校の生徒が受講する機会の提供
(4)相互の生徒及び教職員のキャリア教育(FD・SD)に関する支援
(5)相互の施設・設備の利用
(6)教育についての情報交換及び交流に関する事項  など

関連情報
〈学校法人小山学園について〉
1969年に自動車整備士養成の学校として専門学校東京工科自動車大学校を、1987年に建築系・IT系・環境バイオ系の11学科をもつ専門学校東京テクニカルカレッジを開校。52年もの歴史がある都内4校・全21学科の技術系総合学園。日本で唯一の履修システムで高い技術力と豊かな人間性を備えたプロフェッショナルを育成し、多様な業界で活躍できる人材を育成する職業教育を実践しています。その実現のために、約120社の企業群が支援する「小山学園 後援会」が組織されています。
■専門学校東京工科自動車大学校(中野校・世田谷校・品川校)
   https://car.ttc.ac.jp/
■専門学校東京テクニカルカレッジ
   https://tec.ttc.ac.jp/

〈東京都立練馬工業高等学校について〉
 本校は、平成17年に工業高校唯一のエンカレッジスクールに指定されました。基礎からじっくりと学び直したい生徒をきめ細かな指導を繰り返す教育を実践し、励まし応援する学校です。
   ものづくりが大好きで、社会に出てから役に立つ技術を身に付けたいという生徒を応援する本校では、「挨拶を大切にして職業人としての立ち居振る舞いができる人財(生徒)の育成」、「働くために必要な学力の定着」を教育目標として掲げ「企業等と連携した職業教育の推進」という工業高校の特色を生かした教育活動を展開しています。
https://www.metro.ed.jp/nerimakogyo-h/

 
<本件に関する問い合わせ先>
■学校法人 小山学園
〒164-8787 東京都中野区東中野4-2-3
広報本部 広報室  甲田 竜雄  石川 道子 
(E-mail:m.ishikawa@ttc.ac.jp)
問い合わせ先電話番号:03-3360-8855

■東京都立練馬工業高等学校
〒179-8909 東京都練馬区早宮2-9-18
副校長 後藤 信康    
問い合わせ先電話番号:03-3932-9251
(E-mail:Nobuyasu_Gotou@member.metro.tokyo.jp

以上

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ