プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Current Energy and Renewables

Current Energy and Renewablesが三菱商事子会社と新たな複数年エネルギー供給契約を締結

AsiaNet 92137 (2354)

【スコッツデール(米アリゾナ州)2021年10月7日PR Newswire=共同通信JBN】米オハイオ州のエネルギー規制緩和市場で実績がある新興小売エネルギー供給業者Current Energy and Renewables(CER)は、2021年2月8日のBoston Energy Trading and Marketing LLC(BETM)との新たな複数年供給契約を発表した。BETMは、三菱商事の米州での電力事業を運営する全額出資子会社Diamond Generating Corporation(DGC)の全額出資子会社である。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1653363/Current_Energy_and_Renewables_Current_Energy_and_Renewables_Sign.jpg

Current Energy and Renewablesは同時に、CERの環境・持続可能性・統治(ESG)への継続的な取り組みだけでなく、長期的成長戦略にもコミットする非常に強力な投資グループと戦略的資金調達契約を結んだ。

Current Energy and RenewablesのDavid Coburn取締役会長は「COVID-19の世界的流行と厳しい経済・政治状況の最中にBETMと供給・サービス契約を結んだことは、CERにとって記念碑的な成果だ。BETMとの相乗効果と同社の起業家文化によって、この契約はCurrent Energy and Renewablesのチームに最適なものになった。当社は今後、成長し続け、米国内の他の規制緩和各州に基盤を構築することができる。素晴らしい新市場に参入し、既存市場で成長するに際し、その未来が顧客、サプライヤー、流通パートナー、従業員にもたらすものが非常に楽しみだ」と語った。

Current Energy and RenewablesのBETMとの新たな関係は、長期的な安定、新市場と大規模なエネルギー調達関係に参入する能力を生み出す。同社は加速された戦略的成長を拡大し、新たな買収機会を支える新しい能力を期待している。

Current Energy and RenewablesのJohn Varnell販売マーケティング担当上級副社長は「市場の要請に応え、CERは新たにBETMを利用し、顧客主導を維持しつつ、得意先のためにエネルギーコストを下げ、将来の利益率を確保することが可能になる。CERは価格設定、エネルギー商品、契約条件の拡大・向上によってこの重要な市場ニーズに応えていく。CERはオハイオ市場の既に強力な基盤との関係を積極的に拡大しながら、他の市場に強力に進出する」と述べた。

▽Current Energy and Renewablesについて
Current Energy and Renewablesは2017年に創業し、アリゾナ州スコッツデールに本社があり、大小の企業、政府機関、住宅用顧客に価格競争力のある電力、持続可能性ソリューション、特別な顧客サービスを提供する。Current Energy and Renewablesのチームは国際エネルギー業界での40年を超える経験が自慢で、エネルギー供給の全ての要素の合理化に注力している。詳細はwww.currentenergyrenewables.com を参照。

▽Boston Energy Trading and Marketing LLCについて
三菱商事の子会社Boston Energy Trading and Marketing LLC(BETM)は北米で、発電とエネルギー貯蔵の所有者に資産管理と最適化サービスを、小売電力・ガス供給業者に卸売エネルギーを提供する。BETMのトレーダーは北東部、中西部、西部の市場などの競争電力市場を対象としている。ファンダメンタルベースの手法に基づき、同チームは送電、ガスネットワーク、供給・需要のモデルを開発、整備し、取引機会用に市場見通しの情報を伝える。DGCが2018年8月にNRG EnergyからBETMを買収した。BETMは、2014年以前はEdison Mission Marketing & Tradingとして知られた。三菱商事はBETMの商業活動に投資適格の信用を与えている。詳細はwww.betm.com を参照。

▽三菱商事について
三菱商事は世界的な総合商社で、世界の約90カ国・地域の事務所と子会社、約1700の連結対象企業の国際的ネットワークと共に事業を開発、運営している。三菱商事には天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティー、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10事業グループがあり、事実上、あらゆる産業を網羅する。これら10事業グループを通じ、現在の活動は伝統的な貿易業務をはるかに超え、世界中の信頼できるパートナーとの協力でプロジェクト開発、生産・製造などに拡大している。詳細はwww.mitsubishicorp.com を参照。

▽問い合わせ先
David Coburn
+1 (602) 315-1231
DCoburn@CPG-Energy.com

ソース:Current Energy and Renewables

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ