プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cambrex

Cambrexが3000万ドルを投資し、ノースカロライナ州ハイポイントの中核的製造拠点を拡張

AsiaNet 92139 (2356)

【イーストラザフォード(米ニュージャージー州)2021年10月7日PR Newswire=共同通信JBN】Cambrexは7日、ノースカロライナ州ハイポイントの中核的製造拠点を拡張すると発表した。この3000万ドル超の投資は、小分子開発・製造サービスへの継続的に高まる需要を満たすのが狙いである。

今回の拡張では、新しい化学実験室、2つの新しい臨床製造スイートが追加され、3つの作業センターと2000リットルの化学反応炉を備えた小規模の商用製造工程が含まれる。

投資は、Cambrexに最新のR&D(研究開発)プロセス研究ツールおよび技術を駆使し、Cambrexの機器提供を増やす能力をもたらし、顧客の市場目標への速力をサポートするとともに、希少薬とニッチ療法(年間容量500kg未満)の専用施設を提供する。

省エネルギーと効率に焦点を当てた新しいインフラに加え、78人分の新規雇用がこの地域で創出される。新たな役職は、運用、科学者、品質保証、管理担当者などである。

CambrexのThomas Loewald最高経営責任者(CEO)は「Cambrexの使命は、人間の健康を改善する新しい治療法の開発・製造で、医薬品の顧客をサポートすることである。クラス最高の技術的専門知識、革新的な化学、エンジニアリングソリューションを顧客に提供するというハイポイントのチームの取り組みの結果、この施設では開発・製造サービスへの需要が急速に伸びている。われわれはノースカロライナ州での今回の拡張を非常にうれしく思っており、これは、同州のリーダーシップと経済開発プログラムの支援、および地域の熟練した多様な労働力の育成への州の注力がなければ不可能だった」と語った。

One North Carolina Fundからのパフォーマンスベースの20万ドルの助成金は、Cambrexの拡張を支援する。One North Carolina Fundは経済的投資の誘致と雇用の創出を支援するため、地方自治体に資金的支援を提供している。

▽Cambrexについて
Cambrexは、薬品ライフサイクル全体にわたって原薬、医薬品、分析サービスを提供する主要な小分子企業である。同社は、小分子治療薬の研究・開発・製造のためのエンドツーエンドのパートナーシップを顧客に提供している。40年以上の経験と、北米と欧州のサイトから世界のクライアントにサービスを提供する2200人超の専門家で構成された成長中のチームを擁するCambrexは、API(医薬品有効成分)および投薬形態の開発・製造のブランドおよびジェネリック市場における信頼されるパートナーである。

Cambrexは、生体触媒、連続フロー、制御物質、固体科学、材料特性評価、非常に強力なAPIなど、さまざまな専門的な原薬技術と機能を提供している。Cambrexはさらに、経口固形、半固形、液体など従来の投薬形態をサポートすることができ、放出調節、多剤混合薬、小児用、2層錠、スティックパック 、局所薬、規制物質、滅菌および非滅菌軟膏など専門的な投薬形態を製造するための専門知識を備えている。

詳細な情報はwww.cambrex.com を参照。

▽問い合わせ先
Natalee Campbell
Email: press@cambrex.com
Phone: +1 919 544 8638

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1198585/Cambrex_Logo.jpg

ソース:Cambrex

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ