プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

endpoint Clinical

endpointとBerlingerの提携でIMPの温度履歴の完全可視化が可能に

AsiaNet 92155(2362)

【サンフランシスコ、スイス2021年10月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*完全統合ソリューション:25日間の手作業での温度監視データ評価を瞬時に意思決定に変える

世界をリードする臨床試験向け自動応答技術(IRT(R))企業、endpoint Clinical(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3314794-1&h=2358724327&u=https%3A%2F%2Fwww.endpointclinical.com%2Firt-solution%2F&a=endpoint+Clinical )と製薬・医療業界で温度感受性の高い商品を監視するための革新的でカスタマイズされたソリューションの製造を専門とするBerlinger & Co. AG(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3314794-1&h=3294264099&u=https%3A%2F%2Fwww.berlinger.com%2Fusa%2F&a=Berlinger+%26+Co.+AG%2C )は、治験薬(IMP)の温度履歴をエンド・ツー・エンドで完全に可視化するための提携を発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1654012/endpoint_Logo.jpg

Berlingerの臨床試験部門長、Harald van Weeren博士(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3314794-1&h=4112669640&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fin%2Fharald-van-weeren-b574524%2F&a=Harald+van+Weeren )は「ここ数年、臨床試験用コールドチェーン物流市場は、約10%の成長を見せている。これは、研究対象となる生物製剤やモノクローナル抗体の数が増えていることが大きく関係している。そのため、臨床試験におけるコールドチェーンの失敗の影響が大きくなっている」と語った。

両社は、温度管理されたIMPを管理することのリスクを理解しており、リスクを減らし、核となる問題の解消に役立つソリューションの設計に力を注いでいる。そのような問題には、不十分な透明性と情報の欠落、即時・一元的可視性の欠如、時間のかかるエクスカーション管理と意思決定の遅さ、時間のかかる監査用データ統合、薬剤の浪費、患者のスケジュール変更や不在などがある。

今回の提携によりendpointとBerlingerは、完全統合ソリューションをスポンサーに提供し、25日間の手作業による温度監視データ評価を直ちに意思決定に変えることができるようにする。これにより、最大7桁のコストが大幅に削減され、患者の安全性が向上するとともに、温度履歴を完全に可視化することで迅速な意思決定が可能になる。

スポンサーや施設は、この最先端技術の統合により、以下のようなさまざまな分野で直ちにメリットを享受できる。

*教育:施設のユーザーに必要な指示が減る
*処理:管理時間、手動処理、および関連するリスクの低減
*エクスカーション管理:薬剤調剤の際に温度変化の影響を受けるリスクの低減
*患者:来院しない患者の減少と患者の安全性向上
*監査:全ての温度データを1つのシステムで利用でき、準備が容易になる
*薬剤:試験製品の無駄の削減

endpoint ClinicalのJeff Rubesin製品戦略担当シニアディレクター(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3314794-1&h=4061748291&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fin%2Fjeff-rubesin-618831b%2F&a=Jeff+Rubesin )は「endpointにとって、患者の安全性は常に最優先事項だ。生物製剤を使用する研究の数は増え続けており、コールドチェーン物流の重要性が増しているが、われわれは、チェーン・オブ・カストディを維持することの重要性を理解している。これにより、IMPがその製品に対して合意された温度範囲を超えないようにすることができる。スポンサーと施設の両方にシームレスなソリューションを提供する統合でBerlingerと提携できたことをうれしく思う」と語った。

▽endpointについて
endpointは、ライフサイエンス業界をサポートする自動応答技術(IRT(R))システムとソリューションを提供している。顧客最優先の同社専門家チームは過去10年間、スポンサーの臨床試験成功に役立つ一連の技術を継続的に進化させてきた。同社の患者無作為化・管理、施設管理、薬剤供給管理用の動的IRTソリューションPULSE(R)と、最先端の臨床供給管理ツールDRIVEは、サプライチェーンの最大化と業務コストの最小化を実現し、患者へのタイムリーで正確な投与が保証されることを実証してきた。endpointはカリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、米国、欧州連合(EU)、アジアにオフィスを構えている。www.endpointclinical.com

▽Berlingerについて
Berlingerは、スイスの伝統的な独立系同族会社で、製薬・医療業界における温度感受性の高い商品の監視や、スポーツ業界における尿や血液サンプルの安全な輸送・保管を保証するドーピングコントロール機器向けの革新的でカスタマイズされたソリューションの製造を専門としている。

1865年に織物メーカーとして設立されたBerlingerは、長年にわたり事業を発展させ、世界をリードするドーピングコントロール機器メーカーとなり、温度監視ソリューション市場でもトップ3に入っている。

詳細については、https://www.berlinger.com/usa/ を参照。

▽問い合わせ先
Monica Holt
Marketing Communications Manager
endpoint Clinical
e: mholt@endpointclinical.com

Barbara Hoefelmayr
Marketing Manager
Berlinger
+41 71 982 86 02
e: barbara.hoefelmayr@berlinger.com

ソース:endpoint Clinical

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ