プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Orca Security

米サイバーセキュリティー企業Orca SecurityがTemasek主導の5億5000万ドルの資金調達ラウンドを完了、評価額を18億ドルに引き上げ

AsiaNet 92054 (2316)

【ロサンゼルス、シンガポール2021年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】クラウドセキュリティー・プロバイダーのOrca Security(https://orca.security/ )は5日、シンガポールに本社を置くTemasek(https://www.temasek.com.sg/en/index )が主導するOrca Security向け拡張C資金調達ラウンドで5億5000万ドルを調達したと発表、同時にアジア太平洋(APAC)を含む同社の急速なグローバル展開の詳細について明らかにした。

2019年設立のロサンゼルスに本社を置くOrca Securityは、すでに日本、インド、オーストラリア、ニュージーランドにパートナー(提携企業)を有している。日立ソリューションズ(Hitachi Solutions, Ltd.)は日本の主要なパートナーで、注目すべき顧客には日本の後払い決済フィンテック企業のPaidy(https://orca.security/resources/case-study/multi-cloud-security-case-study/ )やZip.co(https://orca.security/resources/case-study/case-study-zip-vulnerability-scanning-tools/ )が含まれている。同社は最近、APACのパートナー、潜在顧客、および顧客をより適切にサポートするために、日本語版のWebサイトを立ち上げた。

Orca SecurityのAvi Shua最高経営責任者(CEO)兼共同創設者は「Temasekが投資家として参加してくれたのを喜んでいる。Temasekのポートフォリオとネットワークの幅広さは、当社のAPAC地域とそれを越えた地域への進出、および通信、金融サービス、運輸、消費財などの主要産業への進出を深めるのに役立つであろう。Orca Securityは、2021年末までにAPAC地域に12人を超える従業員を配置する計画である」と述べた。

PaidyのFelix Beatty最高情報セキュリティー責任者(CISO)は「われわれは大規模で複雑なマルチクラウド環境を持っており、何百もの開発者がコードをクラウドにプッシュし、インスタンスを上下にスピンさせ、非常に高速で動くため、われわれが何を持っているかを知るのは難しい。Orca Securityは、すべてのクラウド資産のセキュリティー体制を知らせてくれるが、エージェントやネットワークスキャナーをインストールして維持するという頭痛の種は伴わない。また、Orcaを使用すると、脆弱なPII(個人識別情報)を簡単に発見し、日本の越境プライバシー規制(CBPR)と個人情報保護法などのデータプライバシー法規を順守することがきる」と語った。

Orca SecurityのCラウンド資金調達では、ベンチャーキャピタル企業のCapitalG(Alphabetの独立成長ファンド)、Redpoint Ventures、GGV、ICONIQ Capital、Lone Pine Capital、Stripes、Adams Street Partners、Willoughby Capital、Harmony Partnersの多数の参加が含まれていた。Temasek主導の拡張シリーズC資金調達ラウンドにより、Orca Securityの評価額はわずか7か月で50%急騰し、18億ドルに達した。

この戦略的投資により、クラウドセキュリティー業界の変革がさらに加速され、Orca Securityのグローバルなフットプリントが拡大し、より多くの企業や政府がAWS、Azure、Google Cloudエステート向けの瞬時起動のセキュリティーとコンプライアンスを獲得できるようになろう。

APAC地域に加え、Orca Securityは英国と欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域全体に進出拡大しており、ロンドンに営業所と、テルアビブ以外では初の研究開発センターを構えている。 Orca Securityは、年末までにロンドンで20人以上の従業員を雇用する計画である。

ガートナーの世界のパブリッククラウドサービスに関する最新の2021年予測は、26.2%の増加である。この調査・コンサルタント会社は、企業によるクラウド採用がCOVIDパンデミック後に加速すると予測しており、5年間の複合年間成長率(CAGR)は21.5%になる見通し。その結果、世界中のパブリッククラウドサービスは、2021年の3877億ドルから2025年には8055億ドルに成長すると予測されている。(注1)

Orca Securityは、前年比800%の成長を達成した。特許出願中のSideScanning(TM)テクノロジーは、クラウドプロバイダーAPIおよびワークロードのランタイムブロックストレージから帯域外で直接データを収集する。この技術革新は、2021年のGartner Cool Vendor(https://orca.security/resources/blog/cspm-2021-gartner-cool-vendor/ )として企業評価を得るのに役立ったとわれわれは考えている。

Shua氏は「Orca Securityはシンプルに機能するため、その成長は爆発的に拡大している。われわれは、迅速でエージェントレスな展開、すべてのクラウド資産の100%カバー、迅速な行動を必要とするアラートの自動的優先順位付けを提供している」と述べた。

(注1)Gartner(R), Market Trends: Cloud Shift — 2020 Through 2024
By Michael Warrilow, Ed Anderson, Colleen Graham, Published 13 August 2020

▽APAC地域メディアの問い合わせ先
Sylvia McKaige
Sylvia.mckaige@salweengroup.com
Mobile: +65 9476 2581

ソース:Orca Security

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ