プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人帝京大学

帝京大学SoTL国際シンポジウム2021

SoTLをリードする ~アジア・太平洋地域の大学に見る優れたSoTL実践の共有~

 帝京大学SoTL国際シンポジウム2021 SoTLをリードする
~アジア・太平洋地域の大学に見る優れたSoTL実践の共有~

 今後到来する予測困難な時代にあって学生には自律的な学習者となることが求められています。
そのような中、コロナ禍でのオンライン授業の経験は「いかに学ぶか、いかに教えるか」についてあらためて教員と学生双方が考える契機となりました。学修者本位の教育を実現する上で、教員が授業改善に主体的に取り組むSoTL(Scholarship of Teaching and Learning)は、日本の大学における教育開発(FD)の高度化を推進する上での鍵となります。
 帝京大学では、昨年に引き続きSoTLオンラインシンポジウムを主催します。今年は、アジア・太平洋地域の大学においてSoTL実践をリードする5名の研究者に、各国のSoTLの現状や優れた取り組み、SoTLの実践コミュ二ティのあり方等について話題提供をいただきます。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 
【日 時】2021年10月16日(土)14時~16時30分

【実施方法】Zoom Webinar ※日英同時通訳有

【内 容】
 1. 講演題目:「SoTL Leadership in Asia-Infusing a SoTL Culture in Institutions of Higher Learning」
   国立シンガポール大学 准教授 Chng Huang Hoon氏

 2. 講演題目:「Encouraging and Evaluating SoTL」
   モナシュ大学 准教授 Colin Jevons氏 & ウーロンゴン大学 准教授 Michelle Eady氏

 3. 講演題目:「The Importance of SoTL in Creating More Inclusive Institutional Climates」
   沖縄科学技術大学院大学 Executive Director Kathy Takayama氏

 4. 講演題目:「大学院生に対してSoTLを教える」
   大阪大学全学教育推進機構 准教授 佐藤 浩章氏

 5.質疑応答

【参加費】 無料

【定員】300名

【参加申込み締切】2021年10月13日(水)

【詳細・申込み】以下をご確認ください。
 https://ctl.teikyo.jp/fd/forum/2021-02/

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041096-O1-IAUTGvz0
 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ