プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

業界最高水準の顔認証サービスの提供開始

~5Gやさまざまなデバイスとの組み合わせにより幅広い顔認証ソリューションを提供可能~

2021年10月5日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、認識精度99.87%※1、認識スピード177ms※2と業界最高水準※3の認識精度・スピードを持つ顔認証機能をAPIで提供する顔認証サービス(以下、本サービス)を法人のお客さま向けに本日から提供開始いたします。

 本サービスは、画像認識ソリューションの開発を支援するクラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」にRealNetworks,Inc.の顔認証エンジン・ソフトウェア「SAFR®︎」を搭載し、APIで連携することによりお客さまのシステムやサービスへの顔認証機能の追加を容易に実現します。また、お客さまのご要望に応じて個社ごとの顔認証を活用したソリューションのシステムインテグレーションを5Gやモバイル端末・ネットワークカメラなど、さまざまなデバイスと組み合わせて提供することも可能です。

 本サービスの特徴は下記の通りです。

1.業界最高水準の顔認証技術
   業界最高水準の認識精度(99.87%※1)と認識スピード(177ms※2)を合わせ持つ本サービスは、自動改札や入館ゲートなど、高いセキュリティを必要としながらもウォークスルーで認証が求められるユースケースに対応可能です。また、顔画像の登録も正面からの顔画像1枚のみで済み、マスクを着用したままでも高い認識精度(98.90%※4)で認証することができます。

2.属性推定
   顔認証のほか、映像から個人を特定せずに性別・年齢・表情を推定することが可能です。そのため、 
店舗における来店者分析やデジタルサイネージへの属性に応じたコンテンツの出し分けなどの属性推定を用いたソリューションに対応します。

3.柔軟なシステム・サービス連携
   ドコモ画像認識プラットフォームに顔認証機能を追加することにより、顔認証機能をAPIで提供可能
となるため、既存のお客さまのシステムやサービスと顔認証機能との連携が容易にできます。また、顔画像の登録や認証を行うためのアプリケーションについて、標準クライアントアプリケーションを提供するだけでなく、ソフトウェア開発キット(SDK)の提供も可能なため、すでに用意されているユーザーインターフェースをベースにお客さまの用途に合わせて柔軟に開発することが可能です。

 本サービスは、研究開発部門・法人部門にて組織横断的にチームを構成し、お客さまと三位一体で課題解決を図る「トップガン®︎※5」の取組みにより創出したサービスです。

 ドコモは「ドコモ画像認識プラットフォーム」の機能・利便性向上により、お客さまのニーズに合わせた経営課題・業務課題を解決する仕組みを提供し、社会課題の解決や新しい価値の創出に貢献してまいります。

※1 マサチューセッツ大学が公開しているベンチマークテスト“Labeled Faces in the Wild”(LFW)より。
※2 米国国立標準技術研究所(NIST)FRVTにおける2021年度の結果より。
※3 2021年10月5日現在、ドコモ調べ。
※4 2020年3月現在、RealNetworks,Inc.検証結果より。
※5 「トップガン」の詳細は、以下のホームページをご確認ください。
   https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/topgun/
* 「SAFR」は、RealNetworks, Inc.の登録商標です。
* 「トップガン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

別紙

顔認証サービスの概要

 
1.提供開始日
  2021年10月5日(火)

2.顔認証機能について
  本サービスは、業界最高水準の認識精度・スピードを提供するだけでなく、複数人いる場面やメガネ・サングラス着用時、マスク着用時、表情をつくっている時、明るさが不十分といった環境下でも正しく認識することが可能です。また、写真や動画などを活用してなりすましで認証される場合でも、特殊なカメラやセンサーを使うことなく、なりすましを検知することが可能です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O3-3H3264px
複数人を同時に認証
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O4-26GVS8g9】 
サングラス着用時も認証   
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O5-z21jiF7B
マスク着用時も認証
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O7-FcqDPDe7
表情をつくっていても認証
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O8-M4L5521k
明るさが不十分でも認証
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O9-KQgC247O
なりすまし防止

3.顔認証を活用したユースケース
  顔認証を活用した入退室管理、決済、属性推定を活用した来店者分析、視聴者属性によるデジタルサイネージのコンテンツ出し分けなど、さまざまなユースケースに対応可能です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O10-hB20OcNh
オフィスの入退室管理
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O11-89hEx229
お店での決済
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O12-x2St3s52
商業施設での来店者分析
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O13-5h0Vz57Q
コンテンツ出し分け

4.お申込み方法
  全国のドコモ法人営業担当者

5.お問い合わせ先
  株式会社NTTドコモ 5G・IoTビジネス部
  社会イノベーション推進 エッジAIソリューション担当
  MAIL : docomo-face-pr-ml@nttdocomo.com

6.サービス紹介サイト・紹介映像
  <サービス紹介サイト>
  https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/safr/

  <サービス紹介映像>
  https://youtu.be/C-zqhn9zdjI

 
<参考>RealNetworks,Inc.について
 RealNetworks,Inc.は、米国シアトルに本社を置くAIベースのテクノロジーを提供する企業です。長年培ってきた動画再生技術を元に、ディープラーニングを用いたAI顔認証ソフトウェア「SAFR」を2017年に開発し、非接触需要の増加により顔認証市場が急速に拡大する中、SAFRをコア技術とし、世界中のパートナー企業と共に社会のDX推進を加速させています。

 

 

 
参考

「ドコモ画像認識プラットフォーム」の概要

 ドコモ画像認識プラットフォームは、業務効率化やサービス性向上など、さまざまな価値を提供するソリューションの核となる画像認識エンジンをAPIとして提供するクラウドサービスです。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O14-wimKu3KP
  
現在7つ(物体検出、一般物体認識、文字認識、類似画像検索、特定物体認識、姿勢推定、顔認証)の画像認識エンジンを提供しています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110041105-O15-l9GYVlOl

 
<参考>ドコモ画像認識プラットフォーム サービス紹介サイト 
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/dirp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ