プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社紀伊國屋書店

紀伊國屋書店、高等学校向けオンライン型探究教材「アクチュアル」の販売総代理店契約を締結

2021/10/5
株式会社紀伊國屋書店

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109290834-O1-1qBr2R17

 
 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、2021年10月より株式会社大修館書店(代表取締役社長:鈴木一行)と、高等学校向けオンライン型探究教材「アクチュアル」の販売総代理店契約を締結し、販売活動を行うことに合意いたしました。

 2022年4月は、高等学校新指導要領全面実施による、新1年生での「総合的な探究の時間」必履修化に加え、生徒1人1台環境の整備が急速に進む時期でもあります。
「アクチュアル」は、こうした学びや環境の変化をサポートするために、LMS(学習管理システム)で学びを一元管理することができるオンライン型の教材です。「総合的な探究の時間」にどう取り組めばいいのか、配備された端末を生徒にどう使わせたらいいのか、こうした悩みを解決する教材として、来年2022年4月にリリースします。

■「アクチュアル」の特徴
1)探究教材として
・ 明日から探究が始められる授業展開案
・ 無理なく取り組める段階別の構成
2)ICTツールとして
・ 探究の成果物や履歴を一元管理できるLMSを実装
・ 遠隔授業、ハイブリッド授業などどんな環境でも授業を実施できる
3)編集委員
  探究の経験豊かな高校教員が中心となって教材を作成。現場の“リアル”な悩みを解決したいという思いが結実しました。
 【編集委員】米田謙三(関西学院千里国際中等部・高等部) *代表
       上山晋平(福山市立福山中・高等学校)
       紀平武宏(京都市立堀川高等学校)
       藤原亮治(筑波大学附属坂戸高等学校)
       蒲生諒太(立命館大学教育開発推進機構・講師)

 「総合的な探求の時間」においては、生徒が自ら様々な情報を集め、スライドや論文に成果をまとめる必要があります。そのためには、教科学習以上にICTを学びに取り入れるのが効果的です。活動の記録を整理しやすい、発表・表現の力がつく、データであることで試行錯誤が可能、学びのポートフォリオが作れるなど、ICTを取り入れる機会として、「アクチュアル」をお勧めします。

<株式会社 紀伊國屋書店について>
昭和2年(1927年)に創業し、90年以上の歴史を持つ日本最大規模の書店チェーンです。外商部門は現在「営業総本部」として、北海道から沖縄まで日本全国に展開する28の営業拠点と海外6営業所3事務所、5部門の専門部署を擁します。 全国の大学・企業及び中学・高校へ、国内外の書籍・雑誌・データベース・電子書籍の販売から、教育研究設備・備品の納入、図書館業務の受託まで、幅広いサービスを提供しています。中学・高校向けのICTサービスでは、「ジャパンナレッジSchool」、電子図書館「LibrariE」ほか、データベース・ツールを多数取り扱っています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ