プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社JALUX

フードバレーとかち推進協議会とJAL、JALUXが 包括連携協定を締結

(共同リリース)    
2021年10月4日
フードバレーとかち推進協議会
日本航空株式会社
株式会社JALUX

 フードバレーとかち推進協議会(所在地:北海道帯広市、会長:米沢 則寿)、日本航空株式会社(所在地:東京都品川区、社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)、株式会社JALUX(所在地:東京都港区、社長:篠原 昌司、以下「JALUX」)は、三者連携による北海道「十勝」のさらなる地域産業発展を目指し、包括連携協定を締結します。
 これまでさまざまな企業連携や人財育成を通じて、十勝の地域活性化に取り組んできたフードバレーとかち推進協議会、今年の7月に帯広=東京(羽田)線就航56年目を迎え、羽田空港を経由した国内・海外へのネットワークやプロモーション力を持つJAL、大消費地マーケットへの販売力やマーケティング力、商品企画ノウハウを持つJALUXの三者が連携することで、十勝が有する特性・優位性や蓄積されてきた産業基盤を活用し、地域活性化に寄与します。今後の具体的な取り組みとして、十勝産食材を活用したJAL 客室乗務員監修による商品開発と販売、三者が有する資産を活用した商品のプロモーションやアグリツーリズム(*1)での十勝誘客などを実施してまいります。
(*1)アグリツーリズムとは、都市居住者などが農場や農村で休暇・余暇を過ごす旅行
 なお、本協定に先んじて、「フードバレーとかち」のロゴを配した十勝地方のオリジナルフレッシュチーズの販売を首都圏にて開始しており、とかちブランドの認知拡大に取り組んでいます。(*2)
(*2)2021年4月23日付 エリアニュース『日本各地の生産者を応援する取り組み第2弾として北海道 十勝地方のオリジナルフレッシュチーズが登場』 
 URL https://www.jal.com/ja/press/backnumber/areanews/attaches/pdf/cts_210423.pdf 参照

目的
三者が互いの資源等を活用し、連携しながらそれぞれの機能を効果的に発揮することにより、十勝の食関連産業の振興に寄与することを目的とします。
協働事項
(1)十勝産食材を活用した商品開発に関すること
(2)十勝産食材・加工品の物流および販路拡大に関すること
(3)食関連産業に係る情報取得に関すること
(4)地域産業の振興に関すること
(5)その他三者の協議により決定した事項に関すること
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110011017-O4-dPRkRd4q】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110011017-O5-VfYgC2U1

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ