プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar)

フラウンホーファーISE調査II :Vertex 210モジュール+TrinaトラッカーがLCOE 6.0%削減でリード

AsiaNet 92043 (2307)

【常州(中国)2021年9月30日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする太陽エネルギー研究機関であるフラウンホーファーISE(Fraunhofer ISE)は、フラウンホーファーISE調査Iで固定傾斜の210mmモジュールを計算したことを受け、新世代の超高出力モジュールと1Pトラッカーを組み合わせ、地上発電所のLCOE(均等化発電原価)の評価・調査も行った。単軸1P追跡システムと両面モジュールを組み合わせることで、より大規模な発電が可能になり、LCOEが大幅削減され、投資収益率が向上する。

調査結果によると、新世代の210mm(G12)および182mm(M10)両面モジュール+1Pトラッカーは、CAPEX(資本的支出)とLCOEの両方で従来の166mm(M6)モジュールより優れたパフォーマンスを発揮している。

また、トリナ・ソーラー(Trina Solar)のVertexシリーズに代表されるG12両面モジュールの中で、545W、600W、660WモジュールがCAPEXとLCOEの両方でM10両面モジュールよりも優れていることが明らかになった。Vertex G12 660W両面モジュールのCAPEXは、M10 535W両面モジュールのCAPEXより1.9%低く、LCOEは後者より1.9%低い。

Vertex G12 660W両面モジュールのLCOEは、M10 585W両面モジュールのLCOEより2.6%低く、M6 450W両面モジュールのLCOEより6.0%低い。初期投資CAPEXが約2550万ユーロの50 MW単軸システムプラントでは、両面G12 Vertex660WシステムはM6より約150万ユーロを節約している。高度なVertex 210mmシリーズのモジュールはLCOEで際立った優位性を持っている。

(フラウンホーファーISE調査Iをチェックするにはhttps://www.pv-tech.org/industry-updates/the-route-to-best-lcoe/ をクリック)

評価の場所:スペイン

モジュールのタイプ:M6両面450Wモジュール; M10両面535Wモジュールおよび585Wモジュール;G12両面545W、600W、660Wモジュール

設置方法:TrinaTracker 1Pトラッカー

インバーター:セントラルインバーター

この比較により、Trina SolarのVertexに代表されるG12シリーズの超高出力モジュールは、CAPEX、特にLCOEを大幅削減できることが示されている。これは新しいコスト削減基準を設定し、最終的にプロジェクトの収益を確保し、顧客価値を最大化して、PV太陽エネルギーのコスト競争力を高める。

フラウンホーファーISE調査IIに関する詳細な情報はhttps://mgr.trinasolar.com/en-glb/resources/newsroom/mathe-way-best-lcoe-v を参照。

Vertexモジュールのテストに関するフラウンホーファーISEのPPTのダウンロードはhttps://pages.trinasolar.com/glb-Frouhofer.html にアクセスを。

詳細な情報はTrina Solarの現地販売担当に問い合わせるか、VertexValue@Trinasolar.com にメールを。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ