プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan株式会社

EY、(株)SkyDriveとの空飛ぶクルマ事業における戦略コンサルティング契約締結のお知らせ

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤聡、以下「EYSC」)と「空飛ぶクルマ」(※1)および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:福澤知浩、以下「SkyDrive」)は、このたび空飛ぶクルマ事業における戦略コンサルティング契約(以下「本件契約」)を締結したことをお知らせします。なお、本件契約に基づく、SkyDrive の2025年度の事業開始のための支援プロジェクト(「本プロジェクト」)は、EYSCのサービスラインの一つであるストラテジー・アンド・トランザクション内の戦略コンサルティングチームEYパルテノンが主導します。

国内外のエアモビリティサービス、空飛ぶクルマ(eVTOL)や物流ドローン等の領域におけるコンサルティングの実績および知見を豊富に有するEYパルテノンのコンサルタントがSkyDriveエアモビリティ事業における国内外の市場・競合調査、事業戦略・ロードマップ、事業計画策定やプロダクト・サービス開発など多岐に渡る領域でコンサルティングサービスを提供します。

また、EYSCが属するEYのグローバルネットワークでは、企業の社会的責任を果たすべく、持続可能でインクルーシブな成長に向け、SDGsなど現代の大きな課題への取組みを拡大し、注力していくことを目的としたEY Ripplesというグローバルプログラムを推進しています。本件契約もEY Ripples活動の一環であり、SkyDriveの「空飛ぶクルマ」や「物流ドローン」事業がもたらすと考えられている、脱炭素・生活弱者の救済などのSDGsの課題解決などを目的として締結されました。EYSCは、本プロジェクトを 通じて 、将来のエアモビリティ社会の実現、そして社会問題の解決や持続可能でインクルーシブ(包摂的)な成長の実現を目指し、貢献して参ります。

※1 空飛ぶクルマとは:
正式名称は「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL: electric vertical take-off and landing)」。電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されている。今後に向けて経済産業省・国土交通省により、2023年度の事業開始、2030年の本格普及に向けた ロードマップが制定されている。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109300886-O1-8i9D736P
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109300886-O2-d5fA5q0E
〈EYについて〉
EY | Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

〈EYストラテジー・アンド・トランザクションについて〉
EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントと共に、そのエコシステムの再認識、事業ポートフォリオの再構築、より良い未来に向けた変革の実施を支援し、この複雑な時代を乗り切る舵取りを支えます。グローバルレベルのネットワークと規模を有するEYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントの企業戦略、キャピタル戦略、トランザクション戦略、ターンアラウンド戦略の推進から実行までサポートし、あらゆるマーケット環境における迅速な価値創出、クロスボーダーのキャピタルフローを支え、マーケットに新たな商品とイノベーションをもたらす活動を支援します。EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントが長期的価値をはぐくみ、 より良い社会を構築することに貢献します。詳しくは、ey.com/ja_jp/strategy-transactionsをご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ