プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ハム株式会社

東京栄養サミット2021にてコミットメントを表明

2021年9月30日
日本ハム株式会社

                                                                                                                                              

 

 東京栄養サミット2021にてコミットメントを表明

 日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:畑 佳秀)は、持続可能な社会の実現に向け、日本政府が主催する国際会議「東京栄養サミット2021」にて、コミットメントを表明します。

 

 このたび、本サミットの「すべての人々が安全で栄養価の高い食物を手頃な価格で入手できる世界を実現する」という趣旨が、当社グループが目指す「たんぱく質の安定調達・供給」や「食の多様化と健康への対応」など、社会課題(5つのマテリアリティ*1)の解決に繋がると考え、本サミットにて下記の目標をコミットメント登録しています。

 

 当社グループは、1942年創業以来、企業理念である「食べる喜び」を創造するため、体を構成する「たんぱく質」の安定供給を使命として、事業領域を拡大し、お客様への提供価値を広げてきました。これらの事業拡大により、現在では日本人のたんぱく質摂取量の約6% *2を提供する国内最大級のたんぱく質供給企業になりました。

 

 また2021年度より、これまでの提供価値に加え常識にとらわれない自由な発想でたんぱく質の可能性を広げることで、多様な食シーンを創出し毎日の幸せな食生活を支え続けたいという当社グループの想いを込めた「Vision2030」がスタートしました。今後は社会環境やライフスタイルの変化に対応しつつ、事業戦略とサステナビリティ戦略を両輪で進めることで事業を通じた社会課題の解決に努め、持続的な社会の形成に寄与してまいります。 

 

*1 詳細はこちらまで https://www.nipponham.co.jp/csr/nhgroup/materiality-list/

*2 当社取り扱い重量データおよび外部データをもとに当社にて推計

 

 

■当社コミットメント       詳細はこちらまで   https://www.nipponham.co.jp/csr/news/

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101506/202109300933/_prw_PT1fl_N7t767n9.png

 

▷ 栄養サミットとは  

  オリンピック開催の機会を利用し、栄養改善に向けた国際的機運を高めることを目的に開催されるサ

 ミットです。 

 

      2012年開催のロンドン・オリンピックの最終日に英国キャメロン首相(当時)が主催した「飢餓サミッ

   ト」を機に、翌2013年に「栄養サミット」がロンドンで初開催されました。 2016年開催のリオ・オリ

   ンピック(ブラジル)の機会にも開催されている。「東京栄養サミット2021」はオリンピック開催後12月

   に開催される予定です。

 

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ghp/page24_001444.html

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/seisaku/n4g2021.html

 

 

【参考】

『国連食料システムサミット2021』への支持とコミットメントの表明

 

     ニッポンハムグループは、すべての持続可能な開発目標の達成に向け、持続可能な食料システムへの変

  革のための具体的な行動を推進するために開催される、国連食料システムサミット(Food Systems

  Summit : FSS)への支持も表明しております。

 

 下記の実現に向け、具体的な目標を掲げ取り組みを推進してまいります。

 

  ➢「自然に対してポジティブな生産を十分な規模で促進」

  ➢「すべての人に安全で栄養価の高い食料へのアクセスを確保」

  ➢「公平な生計と価値の分配の促進」

 

https://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kanren_sesaku/FAO/fss.html

 

 

企業ホームページ https://www.nipponham.co.jp/

当社グループの沿革 https://www.nipponham.co.jp/group/outline/history.html

商品情報 https://www.nipponham.co.jp/products/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ