プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人産業能率大学

日本の企業・組織におけるリスキリング実態調査の結果を発表

2021年9月30日

学校法人産業能率大学

日本の企業・組織におけるリスキリング実態調査

産業能率大学総合研究所では、デジタルトランスフォーメーション(DX)という世界規模でのダイナミックな変化に対応し生き残るためには、自社の従業員が保持するスキルの更新・新規獲得が必須です。そのための施策である従業員のリスキリング(DXの進行等で生じる新たな業務に従業員が対応できるようにするための再教育)について、リスキリングの認知度や取り組みなどの実態を明らかにするための調査を実施しました。
この調査はHR総研(ProFuture株式会社)と共同で実施し、5月11日から5月31日まで、インターネット調査により200名の有効回答を得ました。
調査結果からは、リスキリングという言葉を「知っている」のは36.0%、リスキリングに「すでに取り組んでいる」のは11.5%と、企業での認知度や実施割合は、必ずしも高くない状況が明らかになりました。しかしながら、「今後取り組む予定」(5.5%)や「取り組みを検討中」(28.0%)を合わせると、45.0%と約半数がリスキリング(リスキリングの趣旨を踏まえたスキルの再教育を含む)に前向きに取り組む意向を示しています。
【概要結果の概要】
・リスキリングという言葉を「知っている」・・・36.0%
・リスキリングに「すでに取り組んでいる」・・・11.5%(取り組みに前向きなのは全体で45.0%)
・リスキリングを実施する目的は「業務の効率化による生産性向上」・・・60.0%
・リスキリングの対象スキル
「デジタルビジネスを企画・立案・推進するスキル」・・・66.7%
「データ活用スキル」・・・66.7%

☆調査結果の詳細については、下記のWebページをご参照ください、報告書の無料ダウンロードも受け付けています。
https://www.hj.sanno.ac.jp/cp/feature/202109/30-01.html

リスキリング実態調査
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ