プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

靖西市宣伝部(The Publicity Department of Jingxi City)

靖西市が地域中核都市構築のために開発、開放戦略を実行

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109280749-O2-35i40tE4

AsiaNet 91919 (2254)

【靖西(中国)2021年9月27日新華社=共同通信JBN】第18回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)博覧会(China-ASEAN Expo)が9月10日から13日まで広西チワン族自治区南寧で開催された。靖西市宣伝部によると、博覧会の期間中、同市は商人と総投資額294億人民元を超える5つのプロジェクトに調印した。

中国・ASEAN博覧会の投資促進会議で、靖西の主要指導者は、市が外国貿易と地元の加工企業への支援を強化し、一次産品加工と相互貿易の現地加工へのアップグレードと段階的な移行のための標準規格の工場の建設を促進し、外国貿易総額を拡大し、精力的に地元加工を発展させると述べた。市は、起業家に質の高いサービスを提供するため一流の政府、法律、文化、市場および社会的環境を創出するよう努力するだろう。

靖西は、中国南西部と東南アジアをつなぐ重要な陸路のひとつで、152.5kmの長さでベトナムと国境を接している。龍邦第1級通関地、岳許第2級通関地と4つの国境貿易市場がある。2020年3月、中国国務院は、Guangxi Baise Key Development and Opening Pilot Zone(広西チワン族自治区百色重点開発・開放試験区)の設立と靖西を試験区の主要エリアとすることを承認した。2021年1月、広西チワン族自治区はJingxi Border Economic Cooperation Zone(靖西国境経済協力地区)の設立を承認した。近年では靖西は国境貿易、貧困緩和、観光、都市建設で大きな仕事を成し遂げ、国境の開発開放面で飛躍的な躍進を成し遂げた。今年の1月から7月までの靖西の外国貿易総額は前年比51%増の1383億人民元に達した。

今後数年間で、靖西は開発と開放、地方の活性化、工業都市の開発、ホリスティックツーリズム(総合的観光)、都市の質の向上という「5つの戦略」をさらに進める。市は広西チワン族自治区百色重点開発・開放試験区の靖西主要エリアの質の高い開発、国境の安定、治安、繁栄と富の主要エリアの喧伝、さらには中国・ASEAN協力の地域中核都市として「ふたつの地域と一つの市」の建設を促進する。

ソース:The Publicity Department of Jingxi City

画像添付リンク:
Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id = 402030
写真説明:中国の靖西の龍邦通関地

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id = 402042
写真説明:輸出入貨物の情報を税関申告システムに入力する国境の靖西住民

中国の靖西の龍邦通関地
輸出入貨物の情報を税関申告システムに入力する国境の靖西住民
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ