プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LSOメディカル(LSO Medical)

LSOメディカルが下肢静脈瘤治療用次世代レーザー LUMESEAL のCEマーキングの取得を発表。

AsiaNet 91811

LSOメディカルが下肢静脈瘤治療用次世代レーザー LUMESEAL CEマーキングの取得を発表。

LUMESEAL(R) にSnakeBack(R) を追加し、使いやすさと操作性が向上

2021年 9月 24日 フランス リール- 血管レーザー治療の国際的なリーディングカンパニーであるLSOメディカル株式会社は、次世代のEVLT SnakeBack(R)アシストシステムを備えるLUMESEAL(R)レーザープラットフォームのCEマーキングの取得を発表しました。Lumesealは、使いやすさを向上させ、手術の初めから終わりまで、より高い精度で操作できるように設計されており、効率的で広く使用されているENDOTHERME 1470プラットフォームの後継機として発表されました。

この第三世代のレーザーシステムは、同じ1470nmのレーザー設計と、他の代替構成品と比較して優れた性能と治療実績があるRINGLIGHT(R)ファイバーの幅広い設計手法を組み合わせています。さらに、LUMESEAL(R)には、当社が最後に特許を取得した革新的なSnakeBack(R)テクノロジーが搭載されています。SnakeBack(R)は、静脈内へのエネルギープロファイルの供給を計画、実行、及びモニタリングできるテンションレスのプルバックシステムです。  SnakeBackは、アシストプルバック機構とレーザードライバーインターフェースに基づいており、Endotherme 1470の反射減衰機構とSnakeBack(R)を完全に統合することで、手術中に実際に触った感覚のフィードバックを維持しながら、静脈閉塞を完全に監視することができます。

「LUMESEAL(R)にSnakeBack(R)テクノロジーが統合されたことは、この技術の発展にとって大きな一歩となります。LUMESEAL(R)プラットフォームは、レーザー照射の再現性と快適性の向上に直接的な影響を与えるだけでなく、新しい波長やアプリケーター等EVLT技術のさらなる改善を評価することができます」とLSOメディカルのCEOであるM.Rochonは述べています。 

半導体の国際的な供給不足に対応するため、秋に限定的な商業リリースを予定しており、2022年初頭に本格的な発売を予定しています。

LSOメディカルについて

フランスのLSOメディカル社は、20年以上の経験を持ち、革新的な医療用レーザーシステムの設計、製造、マーケティングにおいて重要な役割を担う企業です。

LSOメディカル社は、医師とその患者に技術革新をもたらすことを常に目指しており、今日では吸熱レーザー技術における世界的なリーディングカンパニーの一つとなっています。

コンタクト

LUMESEAL(R)レーザーおよびSnakeBack(R)技術の詳細については、以下までお問い合わせ下さい。 contact@lsomedical.com 

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1630879/LSO_Medical_Logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ