プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ノーザンパシフィック航空会社(Northern Pacific Airways)

ノーザンパシフィック航空、6機のボーイング757-200初購入を発表

AsiaNet 91849

ニューヨーク、2021年9月23日/PRNewswire/ – 今週、FLOAT Alaska LLCの完全子会社でアンカレッジを拠点とするノーザンパシフィック航空会社は、ボーイング757-200の航空機を6機、初めて購入することで合意に達した。同航空会社は、当初のフリート要件の一部に見合う取引を完了した。今回購入分の1機目は直ちに納入される。

同航空会社は、アラスカ州アンカレッジ経由で米国とアジア間を結ぶフライトサービスを提供する予定。

ボーイング757-200の購入は、ノーザンパシフィックの事業計画の第一歩となる。航空機は就航前に、カリフォルニア州サンバーナーディーノにある整備・修理・オーバーホール(MRO)のリーディングカンパニーであるサーティファイド・エイビエーション・サービシーズLLC(Certified Aviation Services LLC、CAS)による、C整備のフルメンテナンスチェックを受ける予定である。同社はアラスカを拠点にする航空会社で、旅客便の体制を整えるために保有機の継続的な増加を目指している。

業界最高のボーイング757-200は、36-600のロールスロイスRB211翼下ターボエンジンを2基搭載、最大離陸重量は255,000ポンド。同航空機は、1回の燃料補給で3,915nm /-7,250kmの航続可能距離、1回のフライトで200人以上の乗客を目的地まで輸送することが可能だ。単通路の狭胴機は広胴機よりも運航コストが抑えられて、同等サイズの他の航空機よりも航続距離が伸びる。製造プログラムの期間中、1,049機以上のボーイング757-200がすでに納入されている。本機はポイントツーポイント型の長距離フライトに最適で、各乗客の機内持ち込み手荷物を収納する十分なスペースを確保できる。

ノーザンパシフィックの最高経営責任者であるロブ・マッキニー氏は次のように述べた。 「ノーザンパシフィック航空は、当社の保有機の基盤としてこの強力な航空機を導入できることを誇りに思っています」。「ボーイング757-200により、お客様にご満足いただける旅行体験を提供すると同時に、運航コストの削減と効率化を達成できるでしょう」。

ノーザンパシフィック航空会社について

ノーザンパシフィック航空会社(NP)は、アラスカ州アンカレッジのテッド・スティーブンス国際空港経由で、米国と東アジア間をつなぐフライトを提供する予定である。

FLOAT Alaska LLCについて

ロブ・マッキニーCEOが率いるFLOAT Alaska LLCは、レイバンアラスカ航空、ノーザンパシフィック航空、フライコインなどのアラスカを拠点とするベンチャー企業の親会社である。          
             
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1631535/Plane_Over_Mountains_NPA.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ