プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シルクスホテルグループ(Silks Hotel Group )

シルクスホテルグループ 感染予防対策認定 リージェント台北・ジャストスリープ台北西門館 世界旅行ツーリズム協会発行のSafe Travels Stampを取得

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109240554-O1-5c6B169J

AsiaNet 91842

シルクスホテルグループ 感染予防対策認定 リージェント台北・ジャストスリープ台北西門館 世界旅行ツーリズム協会発行のSafe Travels Stampを取得

 
【台北2021年9月22日PR Newswire】新型コロナウイルス発生以来、感染予防は日常的となった。シルクスホテルグループでは、最高水準の感染予防対策を作成し、顧客が安心して利用できる環境作りに取り組んでいる。グループ傘下のリージェント台北及びジャストスリープ台北西門館は、国際基準の感染対策に基づいて、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)が発行するSafe Travels Stampを9月1日に取得し、国際MICEセーフトラベルレセプションサービスチェーンの一員となった。今後渡航制限が解除された場合でも、国際マーケットに対する宿泊およびレストランの安心安全な環境を提供する準備が整っている。

 世界基準観光機構である世界旅行ツーリズム協議会(World Travel & Tourism Council 以下WTTC)が設立したSafe Travels Stampプログラムは、全世界で既に300カ所が参加している。これらは衛生的な安全基準に認証されているため、旅行者はより安全で効果的に旅行が出来る。WTTCの査定基準は主に運営と従業員の準備ができているか、安全なサービスを提供できているか、また顧客にとって信頼性があるか、政府の施策に則っているかといった四大項目がある。その中には44個の基準があり、例えば従業員の健康状態の把握、WHO等の国際機関に認定された衛生及び消毒機器の導入、清掃に携わる従業員へ衛生規範に関する断続的な注意喚起、そしてホテル館内全ての公共エリアにおける清掃と消毒の実行などが挙げられる。リージェント台北とジャストスリープ台北西門館はこれらの査定基準をクリアしSafe Travels Stampを獲得した。

 市場におけるリーディングブランドとしてシルクスホテルグループは現在の衛生と消毒における最高水準を維持しつつ、顧客と従業員の健康と安全を今後も第一に考えていく。コロナ禍が最も深刻な状況となった昨年の時点には、衛生と消毒の専門家を交えて議論し、「清掃と衛生の最高基準」を作成、そして「集団衛生安全官」という新たな役職を設けた。これはリージェント台北、シルクルプレイス、ウェルスプリングバイシルクス、ジャストスリープといったホテルブランドの懸け橋となり、全てのホテルブランドの客室、レストラン、公共エリアが清潔で安全な環境になるよう指導をしており、例えば公共エリア消毒頻度の管理や「實聯制」(利用者の連絡先を登録する制度)の徹底、持ち帰り食品の「實名制」(何時、誰によって作られたか、またその消費期限等の情報が食品に記載される制度)の実施といった職務を担当している。

 その他にも、リージェント台北は館内の公共エリアに「非接触式BioLED 365 care UV 抗菌技術」という最新抗菌技術を取り入れ、台北市内の五つ星ホテルでは初のホテルとなる。正面玄関には米国軍事用と同等の「赤外線温度測定モニター」という高精度の機械を設置し体温を測定、アルコール消毒機の設置、また毎時間1台のエレベーターを徹底消毒し、客室フロアの廊下消毒も1日2回から4回に増加。レストランでの食事規制緩和後、利用人数制限の他に飛沫防止用アクリル板の設置や、ソーシャルディスタンスを考慮した席の配置、新たな1人前セットメニューの提供、そしてリージェント台北独自の部門「食品安全実験室」による毎日の仕入れ食材の点検、及びレストランでの調理行程の検査も行っている。

 ジャストスリープ台北西門館では、玄関や駐車場、レストランで全ての顧客が利用できる自動アルコール消毒機を設置する等、引き続き様々な感染予防対策を実施している。また、従業員と顧客の体温測定と館内での医療用マスク着用を徹底、また公共エリアを含むホテル全域の消毒を定期的に行うと共に客室消毒と清掃の強化に努めている。これらの施策により顧客に安全で快適な宿泊環境を提供している。

シルクスホテルグループ住所:中山北路二段39巷3号 電話:+886-2-2523-8000

Silks Hotel Group シルクスホテルグループ
1990年に創業したシルクスホテルグループはアジアで屈指のホテル経営グループのひとつであり、台湾株式市場で最大のホテルグループでもあります。
現有のホテルブランドは、「リージェント台北」、「シルクスプレイス」、「ウェルスプリングバイシルクス」、「ジャストスリープ」です。また、リージェント台北では台湾のホテルでは唯一となる高級ブランドショッピングモール「リージェントギャラリア」も運営しています。ホテル事業の他にも、台湾で人気の高い観光スポット故宮博物院に隣接する「シルクスパレス」を始めとするレストラン展開もしています。
当グループは東洋のシンプルさと西洋の優雅さを融合し、洗練された細やかなサービスと施設を通し、共生共栄と卓越した経営理念を追求していきます。訪れる皆様と世界を結ぶ文化交流の場として、また非日常の宿泊及び飲食体験を提供していきます。
現在グループが運営管理をしているホテルは台北、宜蘭、花蓮、台南、高雄などに位置しており、業績とサービスの評判は現地市場において模範的な役割を果たしています。詳しくはこちらよりご覧ください。www.silkshotelgroup.com

画像添付ファイル:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=401560
写真説明:シルクスホテルグループ 感染予防対策認定

(日本語リリース:クライアント提供)

シルクスホテルグループ 感染予防対策認定
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ