プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Prodigy Technovations Pvt Ltd

Prodigy Technovationsが世界初の実用的かつテスト済みのUFS4.0 M-PHYSM、UniPro(R)、UFS4.0プロトコルアナライザーを発表

AsiaNet 91846 (2206)

【ロンドン、ミュンヘン2021年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】ベンガルールを本拠とするProdigy Technovations Pvt. Ltdは、5G、モバイル、自動車、IoT、AR/VRアプリケーション向けにレーンインターフェース当たり23.2 Gbpsで次世代のフラッシュメモリーUFS4.0の開発および検証に使用するPGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )M-PHYSM、UniPro(R)、UFS 4.0プロトコルアナライザーを発表する。PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )は、設計およびテストエンジニアがUniProおよびUFS3.0設計の仕様をテストすることを可能にする有力な計測機器である。PGY-UFS4.0-PAは、UFS2.0/2.1/3.0/3.1仕様と下位互換性がある。

ディープキャプチャー、強力なトリガー機能、徹底した分析ビューは、Universal Flash Storage 4.0、UniPro(R)、M-PHYSMプロトコルレイヤーの前例のないインサイトを提供する。PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )のマルチレイヤービューは単一のGUIでM-PHYSM、UniPro(R)、UFSのプロトコルアクティビティーの完全なビューを提供する。ユーザーはプロトコルエラーの原因を迅速にデバッグし、見つけるためにプロトコルレイヤー間でプロトコルアクティビティーを容易に関連付けることができる。ユーザーは、さまざまなトリガー条件を設定して、特定のプロトコルアクティビティーをキャプチャし、UFS4.0ホストとデバイス間の通信をデコードすることができる。解読されたデータはシンボル、UniPro、UFSレイヤーパケットで表示される。エラーリポートは、数百万のプロトコルパケットにおけるプロトコルエラーのさまざまなタイプの要約を提供する。

PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )M-PHYSM、UniPro(R)、UFS4.0プロトコルアナライザーの主要な機能は以下の通り。

*プロトコルデータの継続的なストリーミングを使用して大量のデータを収集する柔軟性
*固定のアクティブプローブおよびカスタム設計プローブは高い信号忠実度を提供
*エラー分析によるリアルタイムのプロトコル解読
*MPHY、UniPro、UFSレイヤーパケットコンテンツに基づくトリガー
*MPHY、UniPro、UFSレイヤープロトコル解読
*強力な検索およびフィルター機能

詳細な製品情報はウェブサイトhttps://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ を参照。

この製品のビデオはhttps://www.youtube.com/watch?v=ogSAzx2u0Ng で見ることができる。

Prodigy Technovationsは、近日開催のMIPI DevconでPGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )を紹介する。9月28日から29日まで開催されるMIPI Devcon(https://www.mipi.org/devcon/2021 )バーチャルイベントを訪問していただきたい。UFS4.0ウェビナー(https://prodigytechno.com/event/webinar-on-ufs-4-0-20th-october-2021/ )は2021年10月20日に開催予定。

価格と販売
PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )は現在注文を受け付けている。見積もりと価格については電子メール contact@prodigytechno.comに問い合わせを。

▽Prodigy Technovationsについて
Prodigy Technovations Pvt Ltdは、eMMC(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、SD(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、SDIO(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、UHS II(https://prodigytechno.com/device/uhs2-protocol-analyzer/ )、I3C(https://prodigytechno.com/device/i3c-protocol-analyzer/ )、RFFE(https://prodigytechno.com/device/rffe-protocol-analyzer/ )SPMI(https://prodigytechno.com/device/spmi-protocol-analyzer/ )などの主流および新興テクノロジーを対象とする革新的なプロトコル分析ソリューションの大手プロバイダーである。同社はプロトコルデコードや、テスト・計測機器に関するPHYレーヤーテストソリューションを提供している。同社が現在取り組んでいるのは、最新のハードウエアテクノロジーを使用した革新的かつ包括的なプロトコル分析ソリューション実装の成功などである。

▽問い合わせ先
Godfree Coelho
Godfree.coelho@prodigytechno.com
+91 80 4212 6100

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1631999/HSG5B_Protocol.jpg
Video: https://mma.prnewswire.com/media/1632010/UFS_video.mp4

ソース:Prodigy Technovations Pvt Ltd

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ