プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEがChina Mobileのハイエンドルーター集中調達の入札セクション4で最大のシェアを獲得

AsiaNet 91749 (2155)

【深セン(中国)2020年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズ、消費者用テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は17日、China Mobile(チャイナモバイル)の2021-2022年ハイエンドルーター/スイッチ集中調達セクション4で50%のシェアを確保し、同社のハイエンドルーターZXR10 M6000-18 SおよびZXR10 M6000-8S Plusで1位にランクされたと発表した。このセクションは、China Mobileのハイエンドルーター集中調達の中で最大のセクションであり、最大数の機器が含まれている。

ZTEは、クラウドプライベートネットワーク、ネットワーククラウド、5G UPF(ユーザープレーン機能)、IPプライベートネットワーク、MAN(メトロポリタンエリアネットワーク)などのシナリオでSR(サービスルーター)とPE(プロバイダーエッジ)の役割を果たすルーターを提供する。ZTEはさらに、China Mobileの将来のIPネットワーク、特にクラウドプライベートネットワークと5Gトランスポートネットワークに必要な機器を提供する。

ZTEのハイエンドルーターZXR10 M6000-Sは独立した知的財産権を持つルーターオペレーティングシステムであるROSngに基づき、SR/EVPN/SRv6/BIERをサポートし、シンプルさとインテリジェンスに向けたIPネットワークの進化を後押しする。このルーターは、社内NP(ネットワークプロセッサー)を採用してシングルスロットの1Tパフォーマンスを実現し、転送パフォーマンス、省エネ、SDN(ソフトウエア定義ネットワーク)で業界をリードする標準に到達している。

ZTEのハイエンドルーターZXR10 T8000とZXR10 M6000-3Sは2021年6月、総合評価で2位にランクされ、この調達の入札セクション3と5にそれぞれ選出された。さらに、China Mobileの2019-2020年ハイエンドルーター集中調達では、ZTEのZXR10 M6000-Sはセクション2(2Tハイエンドルーター向け)で1位、セクション3(400Gハイエンドルーター向け)で2位にランクされた。これまでのところ、ZXR10 M6000-Sは中国の市場シェアでトップ2にランクされている。

ZTEはデジタル経済の推進力として、優れたデジタルインフラストラクチャーソリューションの提供に取り組んできた。同社は継続的イノベーションにより、標準特許、主要テクノロジー、および製品ソリューションにおけるコアコンピタンスを増強し、5Gネットワ​​ークの構築を加速してきた。

ZTEは今後、China Mobileと提携し、5Gネットワ​​ーク技術をさらに革新し、デジタルの未来を受け入れるために5Gネットワ​​ークの商用展開を促進する。

▽メディア関係問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ