プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Unify Platform AG

世界初※のSDGsを推進する研究者・アントレプレナー支援オンラインプラットホーム 「UNIPLAT」正式オープン

~世界中の研究者及びアントレプレナーに研究及び事業を推進できる公平な機会を~

2021年9月23日
Unify Platform AG

Unify Platform AG(日本名:ユニファイプラットホーム株式会社、日本本拠:神奈川、代表取締役:寺田常徳)は、世界初※の国連の提唱するSDGsに関連するあらゆる学問分野及び事業を推進する研究者及びアントレプレナー支援オンラインプラットホーム「UNIPLAT」を、2021年9月28日(火)(UTC:0800AM)より正式にサービスを開始いたします。UNIPLATは、研究者及びアントレプレナーが自身の研究、技術等を、これまでになかった新しい方法で発表できる、そして、世界各国の支援者(企業、研究機関、財団等)から寄付やコラボレーションの機会を得られる公平な環境を提供いたします。
※Google調べによる

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220428-O1-g9jHQi30
UNIPLATのフロントページと動画再生ページ
 

UNIPLATの3つの大きな特徴:
1.  研究者及びアントレプレナーのワンストップデータベース
研究、技術内容に関するライブストリーミングアーカイブ(※)、ビデオ、テキスト等の様々なコンテンツのデータベースを、ワンストップで、支援者に公開することで、研究者及びアントレプレナーへの信頼または評判を向上させることができます。
※ライブストリーミングした動画はアーカイブ化が可能です。
2.  <世界初※>多言語同時スピード翻訳ライブストリーミング配信
研究者及びアントレプレナーが研究、技術及びアイデア等を、リアルタイムで、他言語(当初は8ヶ国語)で、同時配信できるライブストリーミング機能を提供いたします。これにより、言語圏の異なる多くの支援者に自身のコンテンツをアピールすることができます。
※Google調べによる
3.  <世界初※>コンテンツへの寄付
コンテンツを公開し、アピールすることにより、研究者及びアントレプレナーが所在する地域の経済状況に関わらず、世界中から投げ銭によるインセンティブを得ることができます。
これは世界初の試みで、得たインセンティブは、利用者の任意で他の資産に変更することにより様々な価値に変えていただくことが期待できます。
 ※Google調べによる

加えて、以下の研究者及びアントレプレナーのためのサポートサービスも、順次、追加して参ります。(2021年内予定)

1.  <世界初※>クレジットレーティング
研究者及びアントレプレナーのプラットホームにおけるアクティブティーを基礎情報として、AIを用いて、様々な観点からの自動的評価を行い、各人の評価を、クレジットスコアで表示する機能です。研究者及びアントレプレナーの能力及び信頼性が客観的にスコア値されることにより、スコア値が高ければ高いほど、支援者企業からの信頼及び評価につながります。
※Google調べによる

2.  <世界初※>Pre-IPTM証明
Pre-IPTMとは「Pre-Intellectual Property」の略で、UNIPLATが独自に開発した造語です。 研究者及びアントレプレナーが、プラットホーム内に公開したコンテンツ(画像、動画、テキストなど)をPre-IPTMとして登録すると、そのコンテンツについて、ブロックチェーン技術により、UNIPLATにて、第三者認証(作成日時、作成者、作成内容など)を行います。この仕組みは、IPを公的機関(特許庁など)に申請及び登録する前段階における、研究者及びアントレプレナーのコンテンツのオーナーシップを保証いたします。これにより、研究者及びアントレプレナーは、自己のコンテンツ開示によるアイデアの模倣やコンテンツの不正二次利用などを防止することができます。
※Google調べによる

会社概要
Unify Platform AG は、スイス連邦ツーク州政府の支援により、2019年12月に、スイスのツーク州にて、UNIPLATの開発運営会社として設立されました。世界中の研究者及びアントレプレナーが、経済状況及び境遇に関わらず、恵まれた環境に所在する人々と変わらない、公平公正な研究及び事業の環境の実現を、UNIPLATを通じて目指します。

会社ホームページ:https://unify21.com

UNIPLATトップページ: https://uniplat.social/

SDGsとは、
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットにて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。17のゴール・169のターゲットから構成されており、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という理念に基づいています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220428-O2-QMjAu69z

UNIFY_renewal_fix01
S__15327248
sdg_poster_ja_2021
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ