プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社松井製作所

『名古屋プラスチック工業展2021』に出展

サステナブル社会を成形現場から支える「環境に貢献するMATSUI」

2021年9月21日
株式会社松井製作所

株式会社 松井製作所(大阪市中央区 代表取締役社長 松井宏信)は、「お客様と共に、環境に貢献する」をテーマに掲げ、中部地区最大級のプラスチック展示会である『名古屋プラスチック工業展2021』に出展いたします。
今展示会では、現在の産業において大きな課題である、カーボンニュートラルをはじめとする環境負荷の低減タスクに向けたソリューションを取り揃え、皆さまにお届けして参ります。脱炭素化、環境型社会の実現に向けて、自動車産業のトレンドであるCASE※に対し、様々な切り口で、合理化装置ができるソリューション事例を、ご紹介しております。
※CASEは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電気自動車)の頭文字をとった自動車産業の今後の動向を示すキーワード。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O4-lygAv6wZ】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O5-H882sJ20
 《 出展ブース イメージ 》

【名古屋プラスチック工業展2021】
会期: 2021年9月29日(水)~ 10月1日(金) 10:00 ~ 17:00 (最終日のみ 16:00まで)
会場: ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場) 第3展示館 ブース (Hall3 B-5)

【紹介予定のソリューション】
1.小型レンズなど光学系の精密成形の不良を低減するコンタミ対策、黄変対策のソリューション
2.脱炭素化・循環型社会の実現に向けたPLA、CNFなどの新素材導入のソリューション
3.生産を止めない、安定成形の実現に向けた生産現場の見える化を実現するソリューション など
(詳しくは、こちらをご覧ください:https://matsui.net/jp/2021_nagoya-platen/

【 出展予定装置 】
成形現場に携わっておられるお客様の困りごとを解決に導くソリューションアイテムを取り揃え、
皆さまのご来場をお待ちしております。その他、成形工場のIoT化を促進する製品とサービスも、
初披露いたします。

1.金型冷温調機「MCX2」
表面品質の向上や寸法精度の安定など、成形品の付加価値向上に貢献する金型冷温調機です。
 
2.金型交換装置「SDCシリーズ」
金型交換時の段取り時間の短縮により、生産性の最大化を実現する金型交換装置です。

3.金型メンテナンス支援ツール「Smart Shot Counter」
金型のメンテナンス管理の見える化、IoT化を実現する金型ショットカウンターです。

4.除湿乾燥機(光学向け)「DMD5-i」 (参考出品)
光学成形用に適した高機能フィルタや、黄変防止を実現する乾燥最適化機能を装備した
除湿乾燥機です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O9-K2J6Kllf】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O8-H3gtnr65】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O12-FhwWdPOf

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069649-O11-eBy5gjYG

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ