プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社 LIVE BOARD

LIVE BOARDマーケットプレイス 設置エリア調査 デジタルサイネージで見たいコンテンツTOP3

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O1-ufnaJtn1

株式会社 LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 櫻井 順、以下LIVE BOARD)は、当社が所有するデジタルOOH※1、LIVE BOARD マーケットプレイス※2の設置エリアである全国8都市 (東京、北海道、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡) 76ヵ所※3において、周辺訪問者が見たいコンテンツの調査※4を実施しました。その結果、1位天気予報、2位ニュース(全国)3位(設置周辺)近くのお店・施設の情報となりました。

※1 Digital Out Of Homeの略。交通広告、屋外広告、商業施設などに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体。
※2 LIVE BOARDが取り扱う自社・他社を含めたデジタルOOH広告枠(インベントリ)の全体を指す
※3 調査期間に準ずる
※4 株式会社 ドコモ・インサイトマーケティング調べ

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O2-R7I23l8V
◆求められるのは“タイムリーな時事情報”
今回、一般男女約3万人に調査を実施、デジタルサイネージで見たいコンテンツの結果は、天気予報37.2%、ニュース(全国)34.4%、次いで、(設置周辺)近くのお店・施設の情報21.6%でした。また、4位にはニュース(ローカル)17.4%となりました。
屋内外等に設置されているデジタルOOHは、公共性が強く、強制視認性が高いメディアです。スマホ等で自主的に必要な情報を検索するのではなく、これから自身に起こりえる必要な情報を偶然、かつタイムリーに知らせてくれる媒体としてのニーズが高いということが垣間見える結果となりました。

また、TOP3の「天気予報」「ニュース(全国)」「近くのお店・施設の情報」に加え、「ニュース(ローカル)」においては、それぞれ視認意向が高いエリアも調査を行いました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O7-3WukkQ4i
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O8-7LHKb1IN

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O9-h9cLTvCE
「天気予報」の視認意向が高いのは、1位に吉祥寺駅エリア、2位に所沢駅エリアとなり、郊外・地方の繁華街、都心業務地の意向が高い結果になりました。また、「ニュース(全国)」においては、1位新橋駅エリア、2位赤坂エリアなど都市部業務地。「近くのお店・施設の情報」は、1位吉祥寺駅エリア、2位所沢駅エリアと郊外・地方の版画街が中心という結果となりました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O4-LvJzUZxz
一方で全体の4位にランクインした「ニュース(ローカル)」の視認意向の高いのは、1位すすきの駅エリア、2位栄駅エリア、3位天神駅エリアと地方中心部や、以下20位以内においては東京圏郊外のエリアとなり、ニュース(全国)と比較した際に、ニュース(ローカル)のニーズが高いことがわかりました。

 
<調査概要>
調査手法:Web定量調査 *位置情報を元にしたアンケート・ココリサ※1を活用、事前調査・本調査一体型で実施
モニタ:dポイントクラブ会員
アンケート対象エリア:LIVE BOARD(デジタルOOH)125面
対象者:15歳~69歳の男女個人
調査期間:2021年4月30日~5月31日
調査人数:29,332名

※1 ココリサとは、事前許諾を得たスマートフォンユーザーの携帯電話基地局の位置情報※2をもとにアンケート依頼をする株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが運営するサービスです。 その場所・その時間にいた人へ確実にアンケートが実施できます。また、匿名性を確保した形でのみ、位置情報とアンケート結果を紐づけて分析することも可能です。

※2 携帯電話基地局の位置情報とは、端末がどの基地局圏内に存在しているかを示す情報です。事前の情報利用の同意をいただいた方についてのみ利用しています。また、GPSの位置情報は用いていません。

 
◆媒体面概要
LIVE BOARD:全国9都市 (東京、北海道、宮城、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡) 77ヵ所のデジタルOOH
URL: https://service.liveboard.co.jp/screen

◆広告効果がわかる!効果が出る!!LIVE BOARD
LIVE BOARDは、「効果がわかる」「効果が出る」デジタルOOH媒体を目指し、当社が提案する広告主が求める【3A基準】に則り、今後さらなる精緻化を進めていく意向です。これからも広告主の声に耳を傾けながら、より価値のあるサービスを提案していきたいと考えています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O5-vpgD7nzU

◆株式会社LIVE BOARDとは?

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109140049-O6-C9vv939k
日本初。インプレッションに基づくデジタルOOHアドネットワークオペレーター
LIVE BOARDは“Figure the Real World”をスローガンに掲げ、リアル世界の価値を再定義し、世界に立ち遅れている日本のデジタルOOH市場を急速に活性化することを使命と考えます。ステークホルダーの皆様とともにデジタルOOHアドネットワークを構築し、日本初となるインプレッション(広告視認者数)に基づくデジタルOOH広告販売を行います。

 ◆企業概要                                   
会社名:  株式会社 LIVE BOARD
代表者:  代表取締役社長 櫻井 順
所在地:  東京都渋谷区神宮前3-1-30   Daiwa青山ビル7階
資本金:  25億円
営業開始日・創立日: 2019年2月1日
事業内容:デジタルOOH広告配信プラットフォームの運営、デジタルOOH広告媒体の開拓、デジタルOOH広告枠の販売     
サービスサイト:https://service.liveboard.co.jp
コーポレートサイト:https://www.liveboard.co.jp
  

見たいコンテンツ2
ローカルニュース
3A基準
LB_logos-04
天気予報
全国ニュース
近くのお店
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ