プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Blume Global

Blume GlobalがBridgepointによる新規投資を発表

AsiaNet 91669 (2114)

【プレザントン(米カリフォルニア州)2021年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*最新の投資によって、高成長のサプライチェーンテクノロジーのリーダーの資産総額は5億ドルに到達し、この資本をサプライチェーンのビジビリティー(可視性)およびオーケストレーションテクノロジーの継続的な拡大に充てる

サプライチェーン・エクセキューションおよびビジビリティーテクノロジーの有力プロバイダーであるBlume Globalは15日、ロンドンを本拠とするBridgepoint Groupから新規に資金調達したと発表した。この投資は、同社の真に革新的かつ変革的なサプライチェーンデジタル化を業界に提供するという同社の取り組みをさらに推進することになる。この最新の資金調達によって、Blume Globalは5億ドルの資産総額になり、BridgepointはApollo Global ManagementとEQTの関連企業が管理する資金に株式投資家として加わる。

2018年創業のBlume Globalは、数千の顧客向けのサプライチェーン界のデジタルマップを通じてグローバルサプライチェーンプロセスをオーケストレーションするクラウドファーストでインテリジェントなオペレーティングプラットフォームを提供し、荷主(バイヤーとサプライヤー)、流通サービスプロバイダー、輸送業者が共通のデータ駆動型プラットフォーム上で連携し、ビジビリティー、オートメーション、最適化を通じて無駄と非効率性を軽減する。

2021年、Blume Globalは高成長軌道を継続し、年間累計受注額は100%以上の伸びとなった。同社は1月から、米国、香港、欧州、インドで100人以上の従業員を雇用した。同社は今回の新規自己資本によって、研究開発およびgo-to-market機能へ追加投資する予定であり、これによってBlumeはグローバルサプライチェーン向けの真に変革的かつ持続可能なプラットフォームの開発を継続できることになる。

Blume GlobalのPervinder Johar最高経営責任者(CEO)は「2018年にBlume Globalを創業した際、最新のテクノロジーと機械学習を活用し、オペレーションを最適化かつ自動化する、グローバルサプライチェーン向けのクラウドベースのデジタルオペレーティングプラットフォームを構築するチャンスだと考えた。それ以来、当社のようなサプライチェーンのトランスペアレンシーおよびオーケストレーションプラットフォームへの需要は増加の一途をたどった。当社の継続的成長に資金を供給することに役立つBridgepoint Groupの新規投資を大変うれしく思う」と語った。

Bridgepoint CreditのRohit Dhoteマネジングディレクターは「サプライチェーンの複雑性を解消し、商品の動きにビジビリティーを提供することは、ビジネスにとって不可欠になった。Blume Globalは、同社の優れたクラウドベース発注管理、TMS、リアルタイムのビジビリティーソリューションによって多様なサプライチェーンの実現で先頭に立っている。われわれはBlume Global、その管理チーム、Apollo、EQTと提携し、次の段階の成長に向けてBlume Globalを支援できることを大変うれしく思う」と語った。

グローバルサプライチェーンの1兆ドルの無駄を軽減し、炭酸ガス放出を低減し、グローバルサプライチェーンを機能させている数百万の中小企業向けのテクノロジーを民主化するというBlume Globalのミッションは業界で共感を呼んでいる。Blume Globalのプラットフォーム上には1万社以上の企業が存在し、その中には最大の荷主、外洋貨物船、鉄道、グローバル運送などが含まれる。

ApolloのJustin Korvalパートナーは「Blume Globalは、より持続可能なグローバルサプライチェーンの構築で重要な役割を果たし、ビジネスに不可欠なサプライチェーンおよび流通ソリューションを企業に提供する。Pervinder Johar氏とBlume Globalチームが事業を拡大し、Bridgepointのような優良投資家を受け入れており、われわれはBlume Globalをサポートできることをうれしく思う」と語った。

今回の取引では、Blume GlobalのためにJ.P. Morgan Securities LLCが単独募集代理人、Cooley LLPが法律顧問として役割を果たした。Sidley Austin LLPがBridgepointの法律顧問、Paul、Weiss、Rifkind、Wharton & Garrison LLPがApollo Fundsの法律顧問を務めた。

▽Blume Globalについて
サプライチェーンテクノロジープロバイダーであるBlume Globalは、グローバルサプライチェーンの1兆ドルの無駄を取り除き、革新的な流通エクセキューションおよびビジビリティーソリューションによって流通プロセスをよりアジャイルで信頼でき、かつ持続可能にすることを目指している。Blumeのデジタルプラットフォームは、現行の輸送管理を超えており、小さな問題が大きな問題に発展する前にディスラプションの影響を迅速に予測し、リアルタイムで対処するためにユーザーを支援する。Blume Globalは流通テクノロジープロバイダーの中で最も広範なネットワークの1つを活用して、外洋、航空、鉄道、小荷物、LTL、トラック運送への同社の直接のコネクティビティーと同社のソリューションおよび27年間にわたる業界データを組み合わせ、輸送費を最大化し、顧客サービスを向上させ、炭酸ガス排出を軽減するために必要なインテリジェンスを顧客に提供する。

▽Bridgepointについて
Bridgepoint Group PLCは、世界をリードする未公開株グロースインベスターで、ミドルマーケットに重点を置き、270億ポンドのAUMを保有し、米国、欧州、中国に現地拠点を構えている。同社は、未公開株、民間債権に特化し、世界のBusiness Services、Consumer、Financial Services、Medtech & Pharma、Advanced Industrials、Tech & Mediaの6つのセクターに投資している。

▽Apolloについて
Apolloは高成長のグローバルオルタナティブ資産マネージャーである。同社は、イールド、ハイブリッド、オポチュニスティックの3つのビジネス戦略に重点を置き、投資適格から未公開株式に至るリスク報酬領域のあらゆるポイントで超過収穫を顧客に提供することに努めている。当社の完全統合プラットフォームでの投資活動を通じて、われわれは、クライアントの年金収入および投資収益のニーズに応えるとともに、革新的なキャピタルソリューションを企業に提供している。投資に対する当社の忍耐強く、クリエーティブ、かつ聡明なアプローチは、クライアント、当社が投資する企業、当社が影響を与える当社従業員およびコミュニティーに合致しており、機会を拡大し、前向きな結果を生み出す。2021年6月30日時点で、Apolloは約4720億ドルの運用資産残高がある。詳細はウェブサイトwww.apollo.com を参照。

▽問い合わせ先
Jon Ross
jon.ross@blumeglobal.com

ソース:Blume Global

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ