プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Appian

AppianがAppianローコードオートメーション・プラットフォームの最新バージョンを発表

AsiaNet 91583

AppianがAppianローコードオートメーション・プラットフォームの最新バージョンを発表

【マクリーン(米バージニア州)2021年9月14日PR Newswire】Appian (NASDAQ: APPN)(アピアン)は14日、Appian ローコードオートメーション・プラットフォームの最新バージョン
https://appian.com/jp.html/?utm_source=referral&utm_medium=press-release-jp&utm_campaign=platform-2021&utm_content=appian21-3 )を発表した。この新しいリリースによって、ローコードデータの大幅な機能強化、完全なオートメーション機能、ユーザーインターフェース(UI)の構築、およびアプリケーションの展開を通じて、エンタープライズアプリケーションの構築がより迅速かつ効率的になる。

エンタープライズデータは、どの組織にとっても時間がかかり管理が難しくなる可能性がある。ローコードアプリの構築はシンプルで目に見えるが、データの統合には依然として多くのデータベーススキルが必要とされる。Appianのローコードデータアーキテクチャーは、アプリケーション設計に基づく最適なパフォーマンス向けのデータをインテリジェントかつ自動的に再形成する。ユーザーは、データを移行せずとも、どこからでもデータを入手できる。コーディングやデータベースプログラミングを行わなくても、さまざまなデータソース間の関係を視覚的に組み合わせ、拡張し、モデル化し、パフォーマンスのためのデータセットが自動的に最適化される。

Appianの最新バージョンによって、以下のエンタープライズデータへのアクセス、関連付け、変換が簡単になる:

*データ同期を利用したアプリケーションのより高速な構築。データ同期によって、エンタープライズデータを中心としたアプリケーションの迅速な構築が可能になる。

*レコードタイプがソースから同期できる行数を2倍(50万から100万)にし、パフォーマンスを犠牲にせずにより多くのデータにアクセスする。

*データの全体像を提供する新たな一対多のレコードタイプの関係によって確信を持ってより多くのデータを関連付けする。

*データレコードから直接ビジネスプロセスを自動生成するため、ユーザーは統合されたエンタープライズデータを見ながら情報に基づく操作が可能。

 
Appianの新しいバージョンでは、改良されたオートメーション、UI、接続システム、アプリケーション展開の機能強化向けの新機能も導入されており、以下のことが可能になる:

*クリックまたは入力するたびにWebブラウザー内で実行される各ステップを記録することにより、オートメーションをより効率的に開発。

*バッチアイテムを処理する際の、連続するRPA実行のセットアップとクリーンアップをスキップすることにより、ロボットの実行を高速化する。

*より細かい間隔のコントロールを備えたアプリケーションを構築することで、より魅力的なUIを設計し、必要とされる外観を正確に取得し、設計中の煩雑さを軽減する。

* データソースに接続するためにConnected Systemsを使用し、データへのアクセスのコントロールを強化するためオブジェクトレベルのセキュリティを使用する。

*展開中にデータベーススクリプトのアップロードを待つのではなく、開発時にデータベーススクリプトをパッケージに追加することで、展開を合理化する。

AppianのMalcolm Ross副最高技術責任者(CTO)は、「Appianのローコードデータアーキテクチャーは、開発者がアプリケーションを迅速に構築するために、エンタープライズデータを操作する方法を定義する上で革新的だ。Appianでアプリを構築する場合、従来の開発と比較して、アプリの構築が10倍速くなり、メンテナンスコストが50%削減され、優れた機能が得られるというAppianローコードプロミスを強化している」と述べた。

Appian ローコードオートメーション・プラットフォームを実際に体験するために、Appian CommunityEdition環境が無料で入手できる( https://community.appian.com/p/my-learning-journey/?utm_source=referral&utm_medium=press-release-jp&utm_campaign=platform-2021&utm_content=appian21-3 )。

▽Appianについて

Appian(アピアン)は企業がローコードオートメーションプラットフォームを使い、アプリとワークフローを迅速に構築することを支援する。Appianは人々、テクノロジー、そしてデータを単一のワークフローに統合し、企業のリソースを最大化してビジネスの業績を向上させることに貢献する。世界最大の企業の多くはAppianのアプリケーションを使用して顧客体験を改善し、オペレーショナルエクセレンスを達成し、グローバルなリスク管理とコンプライアンスを簡単にする。より詳しい情報は、www.appian.com を参照。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1488235/Appian_Logo.jpg 

▽問い合わせ先 Ben Farrell, VP Corporate Communications, ben.farrell@appian.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ