プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL Electronics

TCLが2021年のテレビ、オーディオ、モバイル、スマートホームの新製品を発表

AsiaNet 91542(2059)

【香港2021年9月9日PR Newswire=共同通信JBN】世界テレビ業界の有力企業であり有力な消費家電企業でもあるTCL Electronics(1070.HK)は9日、「Transcend Vision(ビジョンを超えて)(https://www.tcl.com/tcl-transcend-vision-2021/index.html )」と題するイベントで、同社の未来志向のAI x IoT戦略の一環として、受賞歴のあるテレビおよびオーディオ家電を含む同社最新の2021年製品リリースを発表した。

TCL Mini LED QLEDテレビ(*)
TCLの最新OD Zero Mini LED 8KテレビX925 PROとMini LED 8KテレビX925に加え、EISA Premium LCDテレビMini LED 4K 65C825とベストバイのLCDテレビQLED 4K 55C728も紹介された。

TS8132サウンドバー(*)
TCLのTS8132 Dolby Atmosサウンドバーは、EISAによって「最優秀ベストバイ・サウンドバー」に最近選ばれた。このサウンドバーは、3.1.2チャンネル構成で、イマーシブなサウンド体験を提供する最大音声出力350Wを備えている。サウンドバーはChromecast を内蔵し、Googleアシスタント、Apple AirPlay、Amazon Alexaと連動する。

TCL 20 Pro 5G(*)
TCLはTCL 20 Pro 5Gスマートフォンも発表した。これは、ユーザーが「See Beyond Seeing」を実現できるNXTVISION 2.0テクノロジーを搭載して世界規模の5Gコネクティビティーを提供する。Qualcomm(R)Snapdragon(TM)750G 5Gプラットフォームは5G体験を強化するとともに、強力なプロセッサーは超スムーズな性能を提供する。

TCL 20 Pro 5Gは、信じられないような鮮明度と、安定したぼやけない写真を生み出すソニーのOptical Image Stabilization と組み合わせた48MPクワドカメラシステムのおかげで、驚嘆させるようなビデオと写真を提供する。このスマートフォンは4Kビデオも撮影でき、バックライト付きで、スローモーションのHDRセルフィーの質を高める32MPフロントカメラも搭載している。

超大型の4500mAhバッテリーと256GBメモリーを搭載するTCL 20 Pro 5Gは、AI x IoTを実現する。

Xシリーズ・エアコンディショナー(*)
TCLの最新Xシリーズ・エアコンディショナーは、より優れた健康的な空気の品質を保証する専用のフレッシュエアダクトと4層フィルターを搭載した独自のフレッシュエアシステムを特徴としている。

最先端のTemperature Compensationテクノロジーは、冷気を一定温度に保つことを可能にし、Gentle Breezeの特別設計は気流をやわらげ、不快な激しい冷気なしに、ゆっくりとくつろぐことを可能にする。

breeva A5空気清浄機(*)
breeva A5はTCLのbreeva空気清浄機の中のフラグシップ製品である。breeva A5は1時間あたり最大400立方メートルのCADRがあり、これは1時間当たり365平方フィートの部屋の空気を5回浄化することを意味する。breeva A5はマイナスイオンを使用して空気中の微粒子を吸収し、UV-Cで有害な病原菌のDNAおよびRNAを破壊することでこれを実行する。breeva A5はまた、H13 HEPAフィルターを装備し、最大99.97%の有害な細菌を捕獲する。

Sweeva 6500電気掃除機(*)
Sweeva 6500はTCLのフラグシップ・ロボット掃除機で、自動ゴミ収集箱と最新のLDSナビゲーションシステムを搭載している。Sweeva 6500は2700パスカルの超強力な吸引力と、4つの異なるクリーニングモードがある。これはゴミを吸引し、その統合UV-Cライトは床を消毒することができ、もう1つの保護シールドを追加している。

(*)製品の外観、機能性、購入方法は国/地域で異なる可能性がある。

ソース:TCL Electronics

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ