プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ナガセ

東進・四谷大塚「全国統一テスト」 小・中・高 9/10(金)申込受付 一斉開始

将来を担う全国の小中高生を、今秋も無料招待!

2021年9月9日
株式会社ナガセ・株式会社四谷大塚

「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」を運営する株式会社ナガセと、中学受験の選抜制進学塾「四谷大塚」を運営する株式会社四谷大塚は、9月10日(金)に全国統一高校生テスト(11/7実施)・全国統一中学生テスト(10/31実施)・全国統一小学生テスト(11/3実施)の申込受付を開始します。全国の子どもたちに一人でも多く受験していただくために無料招待としています。このテストを、学力を測り、学力を伸ばす機会にしていただければと考えております。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O5-aB2Q8ZY9

全国統一テストとは
全国統一テストは、2007年11月の「全国統一小学生テスト」からスタートし、今年で、15年目を迎えます。学力を測るだけではなく学力を伸ばすためのテストであり、日本の将来を担う全国の小学生・中学生・高校生を無料招待しています。
このテストでは、自分の弱点ややるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られます。さらには、まだ見ぬ全国のライバルたちと出会い、ともに切磋琢磨し、学力向上や志望校合格とその先の志の実現に向けた第一歩となることを期待しています。
詳細は「統一テストドットコム(https://www.toitsutest.com)」をご覧ください。

【1】全国統一高校生テスト 11月7日(日)実施
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O6-laFGXohC
対象:高校1~3年生、意欲ある中学生
会場:東進ハイスクール・東進衛星予備校各校舎、東進公認会場、特別会場(ホール等の外部会場)
WEB申込締切:11月4日(木)
実施部門:全学年統一部門・高2生部門・高1生部門
試験教科:全学年統一部門は共通テスト型模試として実施
高2生部門・高1生部門は英語・数学・国語(共通テスト準拠)

【2】全国統一中学生テスト 10月31日(日)実施
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O7-i5Xa892P
対象:中学1~3年生
会場:東進ハイスクール・東進衛星予備校・東進中学NET 各校舎、東進公認会場、特別会場(ホール等の外部会場)
WEB申込締切:10月28日(木)
実施部門:全学年統一部門・中2生部門・中1生部門
試験教科:英語・数学・国語

【3】全国統一小学生テスト 11月3日(水・祝)実施
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O8-2aYm4J5L
対象:小学1~6年生・年長生
会場:四谷大塚直営校舎、四谷大塚YTnet提携塾、四谷大塚NET加盟塾、公認会場塾
WEB申込締切:10月31日(日)
学年別に実施
年長生 / 算数国語融合型問題
小学1・2・3年生 / 算数・国語
小学4・5・6年生 / 算数・国語・理科・社会

各テストの詳細・申込は「統一テストドットコム」へ  https://www.toitsutest.com

 
全国統一テストは会場での厳正実施にこだわります。
緊張感の中での真剣勝負が、学力を伸ばす
学力を正確に測るためには、全員が同じ日に試験ルールを厳守し、時間割通りに受験することが大前提。受験前に問題が出回っている、試験時間がしっかりと守られないという状態では、結果はまったく変わってしまいます。そのため全国統一テストでは、統一実施日の会場での厳正実施にこだわります。実施にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の対策・指導を徹底します。
また、同じ環境で真剣にテストに取り組む仲間の姿を目にすることで、その後の勉強に対するモチベーションも飛躍的に向上します。毎年多くの生徒が全国統一テストをきっかけに本格的な勉強をスタートし、成績向上を実現しています。

全国の成績上位者を「決勝大会」に招待します。
11/28(日)実施予定。課題作文を含む、発信力を問うテスト
全国統一テストでは、小学生・中学生・高校生とも「決勝大会」を実施しています。優秀な成績を収めた成績上位者が招待され、課題作文を含む発信力を問うテストに挑みます。この「決勝大会」は、正に『全国の精鋭たちが競い合い・高め合う場』となっています。
「決勝大会」の優秀者は、その栄誉を称え、東進ドットコム上で公表•表彰し、副賞を授与いたします。なお、新型コロナウイルス感染症の状況により、「決勝大会」の内容等は一部変更することがあります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O9-p2EnR2A2

海外大学留学支援制度の対象者を選抜します。(全国統一高校生テスト)
1人あたり総額38万ドル(約4,100万円)の奨学金を各学年毎年最大10名に給付。返済不要
東進では、グ ローバル化が進む今、日本の未来を担う若者たちに海外のトップ大学で研鑽を積んでほしいと考え、「海外大学留学支援制度」を創設。世界のトップレベル大学(ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学)へ留学する高校生を支援しています。
全国統一高校生テスト「決勝大会」進出者のうち、成績と面接により対象者を選抜。1人あたり総額38万ドル(約4,100万円)の奨学金を各学年毎年最大10名に給付します。返済不要です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109089758-O10-6txfo2lN

 
【株式会社ナガセについて】
1976年創立。日本最大の民間教育ネットワークを展開するナガセは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」の育成に取り組んでいます。シェア NO.1の『予習シリーズ』と最新のAI学習で中学受験界をリードする「四谷大塚」、有名講師陣と最先端の志望校対策で東大現役合格実績日本一の「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」、早期先取り学習で難関大合格を実現する「東進ハイスクール中学部」「東進中学 NET」、総合型・学校推薦型選抜(AO・推薦入試)合格日本一の「早稲田塾」、幼児から英語で学ぶ力を育む「東進こども英語塾」、メガバンク等の多くの企業研修を担う「東進ビジネススクール」、優れた AI 人財の育成を目指す「東進デジタルユニバーシティ」、いつでもどこでもすべての小学生・中学生が最新にして最高の教育を受けられる「東進オンライン学校」など、幼・小・中・高・大・社会人一貫教育体系を構築しています。
 また、東京五輪個人メドレー2冠の大橋悠依選手をはじめ歴代35名のオリンピアンを輩出する「イトマンスイミングスクール」は、これからも金メダル獲得と日本競泳界のさらなるレベルアップを目指します。  学力だけではなく心知体のバランスのとれた「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ためにナガセの教育ネットワークは、これからも進化を続けます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ